ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|県指定有形文化財|史跡黄金山産金遺跡出土古瓦

指定文化財|県指定有形文化財|史跡黄金山産金遺跡出土古瓦

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

史跡黄金山産金遺跡出土古瓦

県指定有形文化財(考古資料)|遠田郡涌谷町|

「天平」銘の瓦製宝珠、「天平」銘の丸瓦、重弁蓮花文軒丸瓦、偏行唐草文軒平瓦等8点の古瓦である。黄金山産金遺跡は天平21年(749)陸奥守百済王敬福が黄金900両(13.5kg)を献上した産金地である。これらの瓦は、この地に産金を記念して建てられた六角円堂の仏堂の屋根を飾ったものである。仏堂は今はないが、その位置には延喜式内社である黄金山神社が建ち、境内を流れる小川からは、今日もなお少量の砂金が採取される。

(奈良時代)

古瓦