ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|県指定有形文化財|旧登米警察署庁舎

指定文化財|県指定有形文化財|旧登米警察署庁舎

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

旧登米警察署庁舎

県指定有形文化財(建造物)|登米市(旧登米町)|

擬洋風、木造2階建、一部平屋建で、屋根は寄棟造桟瓦葺。外壁は下見板張ペンキ塗りである。2階建の主屋部に上下開閉の窓を設け、軒蛇腹、また胴蛇腹を廻し、平屋の付属部は引違い窓で、軒に瓔珞を巡らしている。構造、意匠に巧みに洋風を取り入れており、明治中期の擬洋風官庁建築として、時代背景を伝える貴重な文化遺産である。なお、棟札によれば明治21年8月13日の上棟で、その棟札も指定されている。

庁舎