ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|県指定有形文化財|補陀寺六角堂

指定文化財|県指定有形文化財|補陀寺六角堂

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

補陀寺六角堂

県指定有形文化財(建造物)|気仙沼市|

本寺院は現在曹洞宗であるが、古くは天台宗であった。平安末期に名取熊野神社を勧請したと伝えられる伝承上の人物名取老女が奥州を巡礼して創建した33箇所の観音堂の一つといういわれがある。平面は珍しい六角形で、一辺の長さ2.47m、屋根は六角錐体、赤瓦葺(元こけら葺)、内外部朱塗で板天井に墨絵をえがく。堂内の須弥壇上に入母屋造で、千鳥破風、軒唐破風をつけたこけら葺の家形厨子がある。宝暦12年(1762)製作、享和2年(1802)に修理したとの文書がある。気仙大工の作という。

六角堂