ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|県指定有形文化財|観音寺観音堂厨子

指定文化財|県指定有形文化財|観音寺観音堂厨子

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

観音寺観音堂厨子

県指定有形文化財(建造物)|気仙沼市

観音寺は天台宗の古刹で、享保8年(1723)の建築である。その中に平面が「凸」字形をなし4室から成る見事な厨子がある。厨子には前仏、その奥に密仏、その左右に脇仏と各々観音像を納める。前仏の部分は入母屋造、こけら葺で、軒唐破風をつける。懸魚・獅子頭・龍身及び波形の尾垂木などきわめて繊細で、黒漆を主調とし、朱色、金色など取交ぜた彩色で、まことに華麗である。京都の仏師の作という。

厨子