ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|県指定無形民俗文化財|一迫町鹿踊

指定文化財|県指定無形民俗文化財|一迫町鹿踊

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

一迫町鹿踊

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|栗原市(旧一迫町)|

迫力のある踊りで祖霊供養を主とし、魔除の踊りでもある。伊達政宗の時代から一門の白河家より「おかかえじし」として保護育成された。真坂鹿踊と清水目鹿踊の2団体をもって、「一迫町鹿踊」としている。この地方ではこれを「八つ鹿踊り」とも呼んでいる。

一迫町鹿踊