ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業食産業イベント情報食材王国みやぎ推進パートナーシップ会議「食材王国みやぎ」推進パートナーシップ会議 第11回大会を開催します

「食材王国みやぎ」推進パートナーシップ会議 第11回大会を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月20日更新

「食材王国みやぎ」推進パートナーシップ会議 第11回大会を開催します!

宮城県の食産業振興のテーマとして掲げる「食材王国みやぎ」の普及や地産地消の推進,「食」のブランド化等を実現するため,標記大会を開催します。
ロイヤルホールディングス株式会社 代表取締役会長 菊地唯夫氏と農林水産省 消費・安全局長 新井ゆたか氏による基調講演や,パネルディスカッション,そして試食提供やブース展示等を設けての交流会などを行います。
お申し込みは1月17日(金曜日)までです。参加無料ですので,多くの方の御参加をお待ちしております!

イベントチラシ [PDFファイル/637KB]                                       

日時

 令和2年1月28日(火曜日) 13時から17時まで(開場は午後12時30分)

会場

 仙台国際センター 会議棟「桜」 (所在地:仙台市青葉区青葉山)

定員

 180名 ※先着順となります。参加申込書 [PDFファイル/120KB]をご提出ください。

参加費

 無料

プログラム

1 「食材王国みやぎ」推進優良活動表彰 表彰式(13時15分頃) 

<地産地消部門>
受賞名受賞者名概要
大 賞

ブルーファーム株式会社

(大崎市)

~農ドブル~

鳴子温泉の旅館と連携し、湯治客に里山料理を振る舞うケータリングサービス,「農ドブル」(「農家がつくるオードブル」の略語)をプロデュースしている。地元農家が採れたての旬の食材で作った料理の振る舞いや,農家と訪れたゲストとの交流など,この場所でしか体験できないコンテンツの提供を通じて地域活性に繋げている取組。

特別賞

会席料理 丸勝

(栗原市)

~「料理は文化・地産地消でおもてなし」 くりはらの食と産物を次世代に伝える食育活動~

地元栗原産食材を使った料理を提供。
栗駒山麓ジオパーク特産商品「栗駒山麓のめぐみ」の認定商品として,会席料理「迫野御膳」と「迫野御膳弁当」の開発,産地見学ツアー(地域産業振興事業)での見学食材を使用した昼食の提供など,料理を通じて地域の食材や伝統食を紹介している取組。その他,栗原地域食育推進研修会でこれまでの取組について紹介するなど,講演活動も行っている。

特別賞

矢本浅海漁業研究会

(東松島市)

~海の先生~

東日本大震災前は,地元小学校の依頼を受けて「ノリの特別講師」を引き受けていたが,震災後は,再挑戦する自分たちや,地元の海で生産したノリの魅力とおいしさ,漁師の格好良さを伝えることを目的に,地元小学校に出向いての活動や, 生産現場の見学とノリすき体験の機会も提供している取組。

<ブランド化部門>
受賞名受賞者名概要
大 賞

WIDEFOOD株式会社(肉のいとう)

(仙台市)

~創業52年,肉のいとう『仙台牛』ブランド化への挑戦。~

創業52年を迎える,精肉店を主軸とした食料品小売業者。「仙台牛をもっと身近に」をコンセプトに,弁当や加工品等,仙台牛を使った多くの商品開発・販売を行う。また,「仙台牛」のPRのために,全国や海外での催事イベントに積極的に参加している。

大賞

山元いちご農園株式会社

(山元町)

~いちご農家が作るいちごのワイン 真実のいちごワイン~

震災から復興を遂げたいちご農家が,六次産業化を実現し,「自社ワイナリーにて農園産のいちごを使い,醸造まで一貫して作る」という試み。いちご農家だからこそできる,香料や着色料には頼らない,自然のいちごを感じられるブランドワインの製造・販売を行っている。

2 基調講演(13時30分頃)

講師 ロイヤルホールディングス株式会社 代表取締役会長 菊地唯夫氏
     「外食産業の持続的成長と地域の活性化」

早稲田大学卒業後,日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)に入行。ドイツ証券投資銀行本部ディレクターを経て,2004年,ロイヤルホールディングスに入社。2010年3月同社社長,2016年3月,会長兼CEO(最高経営責任者)に就任。現在は代表取締役会長を務める。

●講師 農林水産省 消費・安全局長 新井ゆたか氏
     「
世界から宮城へ 宮城から世界へ

東京大学卒業後,農林水産省に入省。水産庁漁政部企画課長等を経て,2015年,山梨県副知事に就任。2018年,食料産業局長を経て,現在は農林水産省消費・安全局長を務める。

3 パネルディスカッション(15時10分頃)

優良活動表彰の大賞受賞者の皆様と菊地氏,新井氏,宮城県農政部長により,食のブランド化や地産地消について討論いただきます。

<登壇者>
 ●ブルーファーム株式会社(パネラー)
 ●WIDEFOOD株式会社(肉のいとう)(パネラー)
 ●山元いちご農園株式会社(パネラー)
 ●ロイヤルホールディングス株式会社 代表取締役会長 菊地唯夫 氏(アドバイザー)
 ●農林水産省 消費・安全局長 新井ゆたか 氏(アドバイザー)
 ●宮城県 農政部長 佐藤夏人(アドバイザー)

4 交流会(16時30分~)

表彰受賞者等による試食・パネル展示等のブースを設け,来場者の皆様とご交流いただける場を設けております。お名刺をご持参ください。

お申し込み期限

令和2年1月17日(金曜日)

お申し込み方法

参加申込書に必要事項を記入の上,令和2年1月17日(金曜日)までにメール又はファクシミリによりお申込みください。

参加申込書 [PDFファイル/120KB]

お申し込み先,お問合せ先

電話:022-211-2813(県食産業振興課ブランド推進班)

FAX : 022-211-2819

Mail:partnership@pref.miyagi.lg.jp


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)