色合い

文字サイズ

ここから本文です。

株式会社にしき食品

会社概要

株式会社にしき食品は、昭和27年食品製造業として創業、昭和50年からレトルト殺菌装置を導入し、以来レトルトカレー、パスタソース、スープ等を中心に年間約2,500万食を製造、販売をしております。他社のプライベートブランド商品の製造と共に、『にしきや』のブランドで自社商品を100商品以上展開しています。
3年前に東京目黒区自由が丘にレトルト専門直営店『にしきや自由が丘店』をオープン、『レトルトのある暮らし』を提案し、商品作りを進めています。

外観

食品1 食品2 食品3

 

環境配慮の取組

 

3Rの取組

リデュース(商品設計からの原材料資源の抑制)

ダンボールメーカーとの協力の下、ラップランド方式の梱包形態を導入。ダンボールの形態を変更し、梱包サイズを従来の約2/3に。使用ダンボール量を少なくすることができました。

段ボールの削減

リユース

レトルト冷却水をリサイクルするシステムを導入しました。水の有効活用とともに、水道代金を抑える効果がでています。(月間平均2,500立方メートル)

リユース

リサイクル

ビニールゴミも分別し業者にて燃料などとしてリサイクルしています。
空き缶類も分別し、一斗缶は5月中旬より一斗缶リサイクル業者へ有価で引き取ってもらい、その他は鉄くずとしてリサイクル業者へ出し処理。
段ボールは有価にて段ボール回収業者に回収してもらっています。

リサイクル リサイクル2 リサイクル3 リサイクル4

エコ活動

平成27年度から、自家消費型太陽光発電(99kw)を工場の屋根に設置しています。CO2を生み出さない電力の活用、および電力デマンドを抑える効果がでております。
また、屋根に設置したことより、夏場のエアコンにかかる負荷の減少効果もでています。自家消費型で、太陽光発電の電力は主に冷凍機での消費分に充てております。
その他では、本社、県のエネルギー・コスト削減実践支援事業補助金を利用し、工場全体をLED照明に切り替え、CO2削減に取り組んでいます。

太陽光パネル

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ先

環境政策課環境産業振興班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号13階北側

電話番号:022-211-2664

ファックス番号:022-211-2669