色合い

文字サイズ

ここから本文です。

デクセリアルズ株式会社

会社概要

デクセリアルズ株式会社は「Value Matters-今までなかったものを。世界の価値になるものを。」をビジョンに掲げ,エレクトロニクス分野を中心に,付加価値の高い機能性材料や電子部品を製造,販売している会社です。なかだ事業所は,宮城県北部の登米市に位置し,主に電子部品の開発と製造を行っています。

外観

デクセリアルズは鹿沼事業所,多賀城事業所,なかだ事業所,根上事業所の国内4事業所に加え,海外の製造子会社5社を中心に,生産活動する上で少なからず発生するCO2,廃棄物,水の排出などの環境負荷を減らすべく,環境中期目標を掲げ,個別目標を達成するために積極的に環境負荷低減活動に取り組んでいます。なかだ事業所では,無機材料製品の生産によって排出された無機性汚泥などの廃棄物を別の用途にリサイクルしたり,金属,プラスチック,油の廃棄物を専門業者を通じてリユースしています。また,工場やオフィスから出るゴミのリサイクルに力を入れています。

環境配慮の取組

汚泥の再利用(改良土)

事業所内の加工工程などで使用された工場排水は排水処理施設で処理し,下水に排出しています。その際,排水処理施設から無機性汚泥が排出されますが,この無機性汚泥の特性を活かした利用について何社ものリサイクル業者を開拓した結果,強度や耐久性に優れ,高い保水性を確保した改良土として高速道路などの盛土材等に再利用されています。

汚泥の再利用

事業所からの排出物の多くを有価物化し,再資源化

なかだ事業所では不要になったものを細かく分別し,廃プラスチック,金属類,廃油,廃溶剤,紙資源などのリサイクルステーション(廃棄物保管場所)に一時保管し,専門業者へ有価物として売却,資源の再利用をしております。
その他の産業廃棄物においては製錬工場などに処理委託し,有価率60%を超え,100%のリサイクルを行っています。

分別してリサイクル

マイカップ制の導入と紙コップのリサイクル

事業所内にある喫茶コーナーでは紙コップで飲み物を提供しておりましたが,マイカップ制を展開し,紙コップの使用量を減らしました。
マイカップを利用した場合は10%OFFにもなり,利用している社員にも好評です。また,ベンダーさんにご協力いただき,使用済みカップはトイレットペーパーに再利用されています。

トイレットペーパー

地域コミュニケーション活動

地域清掃

なかだ事業所の近隣で毎年登米市・栗原市の中学校駅伝大会が開催されています。「きれいなコースを走ってもらおう」と毎年大会前に地域清掃を行い,11年連続の開催で延べ2,266名が参加されています。

地域清掃

みやぎスマイルロード・プログラムへの参画

道路の美化運動などのボランティア活動を宮城県が支援する「みやぎスマイルロード・プログラム」に10年前から参加し,地域清掃や緑化活動も定期的に行っています。
今回は,歩道の縁石に吹き溜まった土砂の撤去を行いました。
環境美化だけでなく通勤通学で使用する方の安全も確保できたと思います。

スマイルロード

花いっぱい運動

毎年2回,従業員の協力により構内の花壇の植え替え作業を行っています。夏はマリーゴールド,冬はパンジーの黄色い花が咲き誇り,お客様をお迎えしています。

花いっぱい運動

デクセリアルズ株式会社のホームページはこちら(http://www.dexerials.jp/)(外部サイトへリンク)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ先

環境政策課環境産業振興班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号13階北側

電話番号:022-211-2664

ファックス番号:022-211-2669