色合い

文字サイズ

ここから本文です。

YKK AP株式会社

会社概要

YKK AP株式会社東北事業所は昭和49年(1974年)に操業を開始し,住宅用断熱窓をはじめ,エクステリア商品,エントランス商品,木質インテリア商品,複層ガラス,ビル建材などを生産し,東北圏内および全国各地へ製品を供給しています。

工場全景

  • 持続可能な社会の構築をめざして
    YKK APでは環境方針として,持続可能な社会づくりの貢献を掲げており,再資源化やゼロエミッションを目標としたさまざまな活動を展開しています。
  • エコプロダクツの開発
    YKK APでは「省エネルギー」「省資源」「リサイクル」「生態系配慮」という4つのキーワードをコンセプトに,生産・使用・廃棄のライフサイクルを通して,環境負荷が少なくお客様の健康にやさしいエコプロダクツの開発を進めています。

エコプロダクツロゴ 商品の一例

当事業所においても,エコプロダクツの生産を行っており,主要な原材料であるアルミ,樹脂,木材については,それぞれ自社内で再利用し,資源の有効活用に努めています。

環境配慮の取組

3R・エコ活動の取組

木くずを利用したバイオマスボイラーの活用

木質製品の生産で発生した木くずから,木質ペレットを製造し,ボイラーの燃料として利用しています。発生した蒸気は生産ラインで使用しています。このバイオマスボイラーの活用により,産業廃棄物および重油使用量の削減を行っています。
木質ペレット

分別による再資源化の推進

多くの廃棄物は分別することで,再利用可能となるため,各工程で種類ごとの分別を行い,再資源化に努めています。金属類,プラスチック類,紙類についてはさらに細分化した分別を行っております。

圧縮による減容化

発泡スチロールを圧縮減容器にて圧縮し,下の写真のようなインゴットを作成し,路盤材の原料として売却しております。

インゴット化

自然と調和した工場づくり

事業所内に環境保全のシンボルとして,1万平方メートルの水公園を配し,地域の環境づくりを推進するとともに,周辺の自然と調和しながら美しい田園風景を守り続けています。

自然と調和した工場づくり

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ先

環境政策課環境産業振興班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号13階北側

電話番号:022-211-2664

ファックス番号:022-211-2669