ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

一般県道大島浪板線の一部供用開始について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月16日更新

 本県土木行政の推進につきましては,日頃格別の御協力を賜り厚く御礼を申し上げます。

 さて,一般県道大島浪板線のうち浪板橋から浪板2地区防災集団移転団地入口までの区間を,令和元年12月26日(木曜日)午後2時より供用開始いたします。

 当該区間については,2018年末,切土法面にひび割れが発生したため,夏までの供用を目指して法面の崩壊を防ぐ対策工事を実施してきました。しかし,今年7月,掘削作業中に法面に新たな変状が発生したことから,供用後の安全を確保するため,さらなる法面対策を実施した上で工事を進めてまいりました。

 今回の供用により,浪板橋と新県道がつながるため,大島と気仙沼市中心部との間の通行の利便性が高まることが期待されます。

位置図   平面図

 写真(浪板橋から) 写真(浪板2区防集団地から)