ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

麻しん(はしか)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月30日更新

麻しん(はしか)の発生について

麻しん(はしか)とは

 麻しんは麻しんウイルスによって引き起こされる感染症で,「はしか」と呼ばれることもあります。
 感染経路は,空気感染,飛沫感染,接触感染で,その感染力は極めて強く,同じ空間にいただけで感染することもあります。免疫を持っていない人が感染すると,90%以上の人が発症します。

医療機関を受診する方へ

 麻しんはウイルス感染後,10~12日の潜伏期間を経て発症してきますので,麻しんワクチンの接種歴がなく,発熱,咳,鼻水,眼球結膜の充血等の症状があった場合は,10~12日前の行動を思い出し,特に海外や人が多く集まる場所に行っていた場合等は,麻しんを疑って,事前に医療機関へ電話で連絡し,医療機関の指示に従い受診して下さい。また,周りに麻しん患者がいる場合,麻しん患者と接触がある場合にも,受診前にあらかじめ医療機関に電話で連絡し,その旨を伝えたうえで,医療機関の指示に従い受診してください。

宮城県での麻しんの発生について

県内の状況(公表資料等)

 

 ★麻しん(はしか)について 【宮城県 疾病・感染症対策室感染症対策班】

   https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/situkan/masin.html

関連リンク

  • 麻しんについて【厚生労働省】

    http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

  • 感染症についての情報【厚生労働省検疫所】

    http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name62.html

  • 麻しんとは【国立感染症研究所】

    https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ma/measles.html

  • 最近報告された麻疹患者に関する医療機関への注意喚起【国立感染症研究所】

    https://www.niid.go.jp/niid/ja/id/655-disease-based/ma/measles/idsc/7596-measles20171013.html

 

 

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)