ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

FB宮城県の大会概要 ボランティア情報 聖火リレー情報ホストタウンの取組スポーツ施設紹介宮城県へのアクセス宮城県の取組beyond2020 東日本大震災からの復興状況宮城県観光情報

 


ボランティア実施計画(第2次計画)を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月16日更新

 東京2020大会の成功に向けては,適正で効果的なボランティア運営が不可欠です。

 宮城県では,ボランティア部会を設置し,募集方法,配置計画,人材育成及びレガシーなど実務的な検討しています。

 2018年11月,「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティア実施計画(第2次計画)」を定めました。

 


ボランティア部会構成メンバー

 
区分団体名

自治体(3団体)

宮城県(部会長)

仙台市利府町

教育機関(17団体)

宮城県教育委員会

仙台市教育委員会東北大学

宮城教育大学

宮城大学石巻専修大学

尚絅学院大学

仙台大学仙台白百合女子大学

東北学院大学

東北工業大学東北生活文化大学

東北福祉大学

東北文化学園大学東北医科薬科大学

宮城学院女子大学

宮城県私立中学高等学校連合会 

ボランティア団体

(5団体)

グランディ21ボランティア

特定非営利活動法人宮城県ボランティア協会ベガルタ仙台・市民後援会

仙台市ボランティア連絡協議会

市民スポーツボランティアSV2004 

観光物産団体(2団体)

公益社団法人宮城県観光連盟

公益財団法人仙台観光国際協会 

国際交流団体(2団体)

公益財団法人宮城県国際化協会

日本貿易振興機仙台貿易情報センター 

競技団体等(1団体)

スポーツコミッションせんだい

  

 

会議の開催状況

  • 第1回 2017年11月17日
  1. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催概要について
  2. 東京2020大会ボランティアについて
  3. ロンドン大会における都市ボランティアの活動状況について
  4. 2002W杯サッカー宮城会場における開催地ボランティアの活動状況について
  5. 今後の部会の進め方について
  • 第2回 2018年2月7日
  1. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施計画策定に向けた基本的な考え方について
  • 第3回 2018年3月26日
  1. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティア実施計画(案)について
  • 第4回 2018年10月17日
  1. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティア実施計画第2次計画(案)について

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティア実施計画

 宮城県では,適正且つ効果的な都市ボランティア運営に向け,2017年度に検討を行い,2018年6月に「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティア実施計画(第1次計画)」を定めました。

 競技日程の公表等に伴い第1次計画を改定し,2018年11月,「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティア実施計画(第2次計画)」を定めました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)