ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

FB宮城県の大会概要 ボランティア情報 聖火リレー情報復興の火
パラリンピック聖火フェスティバルホストタウンの取組スポーツ施設紹介宮城県へのアクセス宮城県の取組beyond2020 東日本大震災からの復興状況宮城県観光情報

 


「みやぎ 2020通信」Vol.5

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月15日更新

 宮城県オリンピック・パラリンピック大会推進課では、宮城県内の東京2020大会の気運を高め、皆さんに一早く様々な情報をお届けするために「みやぎ 2020通信」を発行しています。

<配架先> 県庁1階総合案内脇 東京2020大会カウントダウンボード

         本町第3分庁舎2階 オリンピック・パラリンピック大会推進課パンフレットラック

         県図書館1階 地域情報発信コーナー

 第5号となる今回は,8月に現役引退を発表された,オリンピック金メダリスト・高橋礼華さんの知事表敬の様子をお伝えするとともに,新日程が発表されたオリンピック聖火リレーにおける宮城県の予定について掲載しています。また,スポボラ集中講義,組織委員会職員コラムも好評連載中です。是非,御覧ください。 

みやぎ 2020通信Vol.5 [PDFファイル/1.08MB]

beyondmusu

 beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した文化活動、事業を政府が認証し、日本文化の魅力を国内外に広く発信する取組です。「みやぎ 2020通信」はbeyond2020プログラム認証事業です。

  Vol.5 表  裏

                                                             

ロゴ みやぎ 2020通信 Vol.5 2020年10月15日発行

~東京2020大会とみんなをつなぐ 宮城県オリンピック・パラリンピック大会推進課オフィシャル広報紙~

 

1 リオデジャネイロオリンピック金メダリスト高橋礼華さん来庁 

  9月23日、「タカマツペア」として2016年リオデジャネイロオリンピックのバドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した、高橋礼華さんが宮城県庁に来庁され、村井知事に現役引退の報告をしました。


 ツーショット

 高橋さんは奈良県出身で、中学・高校と聖ウルスラ学院英知(仙台市若林区)に学び、高校からは1学年下の松友美佐紀選手(日本ユニシス)とペアを結成しました。

 2016年に日本バドミントン界初のオリンピック金メダルを獲得され、県からは県民栄誉賞、仙台市からは賛辞の楯を贈られています。

 その後も、JOCシンボルアスリートを務めるなど、トップアスリートとして東京2020大会に向けて活躍されていました。

 村井知事からは、「長い間おつかれさまでした。次の目標に向かってご活躍いただきたい。」との言葉とともに花束が贈られました。

 高橋さんは、「中学校の頃から優勝の報告に来たことがなつかしい」と振り返り、「最後まで諦めない気持ちを忘れず、宮城の方々に恩返しできるように頑張っていきたい」、「スポーツの楽しさを伝える活動など様々なことにチャレンジしたい」と、今後の活動について話されていました。高橋さんの新しいステージでの御活躍を心から期待しています! 

 

 

2 オリンピック聖火リレー新日程発表! 

 ● 東京2020組織委員会は、東京2020オリンピック聖火リレーの新たな実施日程を発表しました。福島県のJヴィレッジを2021年3月25日(木曜日)にグランドスタートし、全国を駆け巡ります。宮城県の実施日程、通過市町村等は下記の通りです。

宮城県オリンピック聖火リレースケジュール
日程通過市町村セレブレーション会場
2021年6月19日(土曜日)気仙沼市・南三陸町・石巻市・女川町女川町
2021年6月20日(日曜日)東松島市・大衡村・松島町・塩竈市・七ヶ浜町・多賀城市・利府町利府町
2021年6月21日(月曜日)山元町・亘理町・岩沼市・名取市・仙台市仙台市

■セレブレーション・・・ 1日の終わりに聖火の到着を祝って実施するセレモニーのこと。聖火リレー実施期間中の、最終日を

              除く113日間毎日実施されます。(最終日はオリンピック開会式)

■聖火ランナー・・・・・ 既に決定していた聖火ランナーの皆さんに優先して走行していただきます。候補者の辞退等により変

              更が必要な場合、調整が行われます。

■走行ルート・・・・・・  従来の走行ルートを走行する予定ですが、復興事業等による道路事情の変化により、変更が生じる

              場合があります。 

 


3 村松キャプテンのスポーツボランティア集中講義 ■

  オリンピック・パラリンピックでは欠かせない存在のボランティア。スポーツボランティア先進県と言われる宮城県において、長年にわたり活動に携わってこられた「グランディ・21ボランティア委員会」村松キャプテンによる集中講義です。(全6回)

 

● 第4回 リーダーとコーディネーター

  スポーツボランティアのユニークなところは、ボランティアの中でリーダーシップを発揮できそうな人にリーダーをお願い

 して、さらにその中からコーディネーター役が自然に出てくるところです。

 

  例えば、男女混成、年代も10代から80代くらいまでというチームがあったとしても、リーダーが20歳、ボランティアが70~

 80歳というケースはよくある話で、上下関係がないというのは、まさにこうしたところに現れています。

  さて、そのリーダーですが、リーダーの役割は、スポーツイベントの主催者やスポーツ団体の責任者から、当日のスケ

 ジュールと活動内容を確認して、それをボランティアに伝え、リードし、適切で安全なボランティア活動ができるように心配

 りを行います。ボランティア活動そのものを企画し、コーディネーターとともに主催者側と打合せを行う場合もあります。

 

    コーディネーターは、事前にスポーツイベントの主催者やスポーツ団体の責任者と、スポーツボランティア活動について

 活動内容(何を、いつ、どこで、何人で、どう行うかなど)、活動条件(ボランティア側に要請するもの、服装、年齢、性別な

 ど)、活動要件(ボランティア側が受け取るもの、交通費、食事など)を打ち合わせて、よく話合い、相互に納得し、必要に

 応じて文書を取り交わす役目を果たしてボランティア側の責任者となります。また、リーダーをはじめボランティアの配置・

 分担を決定する役目があります。

 

 <村松淳司 グランディ・21ボランティア委員会・キャプテン>

  1959年生 長年にわたり、宮城・仙台のスポーツボランティアとしてプロスポーツやイベント等で活動するほか、災害ボラ

 ンティア活動にも携わる。東北大学副理事  

 

    

 ■4 Tokyoだより ■

   宮城スタジアムを担当している組織委員会職員の皆さんからお送りするリレーコラム、今回は宮スタチームの最年少担     当者です。

  齋藤健人さん

 

   ●齋藤 健人さん

   公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

   大会運営局 会場サービス部 イベントサービス会場運営課  地方会場運営チーム(略してEVS)

   ・これまでの経歴 : プロ野球チーム関連(ファンサービス企画、運営など)

   ・学生時代打ち込んだこと : サッカー

   ・尊敬する人 : 体育会系ストロングスタイルの上司

  

 ● はじめまして。宮城スタジアムの観客サービスマネージャーの齋藤です。これまでの皆様の素晴らしい寄稿の次という

  ことで、気が引き締まります。よろしくお願いします。

   さて、私が担当する観客サービス(組織委員会的に言うとEVent Service/EVS)は、「会場において観客が入場してから

  退場するまでの間、安全かつ快適に、人生に一度の最高の経験ができるよう、混雑整理、誘導、案内、広報、インフォメ

  ーションなど様々なサービスを提供する」部署と定義されています。

   観客の皆様と1対1で接するという意味ではオリンピックの印象を左右すると言っても過言ではなく、今からその責任を

  感じながら日々業務にあたっています。

 

 ● オリンピックには、日本の大規模イベントの感覚とは異なるものがたくさんあります。ルールの違いがたくさんあります。

   もしかしたら、その違いに困る場面もあるかもしれません。計画している立場でも、その違いに戸惑う場面もあります。

      それでも、快適な観戦環境を整え、大会規模に劣らないサービスを提供したい。観客の皆様が、ルールを守り、笑顔で

      1日を終える。たくさんの人々が、宮城スタジアムで、同じピッチを見て心が動く。選手にとって、観客にとって、スタッフに

     とって、宮城スタジアムが夢の舞台になる。そんな「人生に一度の最高の経験」を、皆様と一緒に創る日を楽しみにしてい

     ます。

      それではまた来年、宮城スタジアムでお待ちしております。

  

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-
発行/宮城県震災復興・企画部オリンピック・パラリンピック大会推進課企画広報班   

電話 022-706-7115 

電子メール olypara-k@pref.miyagi.lg.jp

総合情報は・・ホームページ https://www.pref.miyagi.jp/site/olympic/ 

最新情報は・・Facebook      https://www.facebook.com/宮城県オリンピックパラリンピック大会推進課
 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)