ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

FB宮城県の大会概要 ボランティア情報 聖火リレー情報復興の火
パラリンピック聖火フェスティバルホストタウンの取組スポーツ施設紹介宮城県へのアクセス宮城県の取組beyond2020 東日本大震災からの復興状況宮城県観光情報

 


「みやぎ 2020通信」Vol.2

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月15日更新

 宮城県オリンピック・パラリンピック大会推進課では、宮城県内の東京2020大会の気運を高め、皆さんに一早く様々な情報をお届けするために「みやぎ 2020通信」を発行しています。

<配架先> 県庁1階総合案内脇 東京2020大会カウントダウンボード

         本町第3分庁舎2階 オリンピック・パラリンピック大会推進課パンフレットラック

 

 第2号となる今回は、現在開催中の「みやぎ 2020展」や間もなく公開予定の「復興支援感謝映像」について掲載しています。また、「スポーツボランティア集中講義」「組織委員会派遣職員リレーコラム」も連載中です。どうぞ御覧ください。

みやぎ 2020通信 Vol.2 [PDFファイル/1.29MB]

Vol.2オモテ Vol.2ウラ

ロゴ みやぎ 2020通信 Vol.2 2020年7月15日発行

~東京2020大会とみんなをつなぐ 宮城県オリンピック・パラリンピック大会推進課オフィシャル広報紙~

 

■1 現在開催中!~オリンピック・パラリンピックを応援しよう~みやぎ 2020(ニーゼロニーゼロ)展 ■

 会期:7/1(水曜日)~9/27(日曜日)10時00分~18時00分
 場所:東北電力グリーンプラザ(月曜休館)入場無料

 みやぎ 2020展
「東京2020(ニーゼロニーゼロ)公式アートポスター」展示 「復興の火」関連展示

1964年 聖火リレー

パネル展

アートポスター展示台・台座1964ポスター

 ●おしゃべりウィンドウN

   ○ 「東京2020(ニーゼロニーゼロ)公式アートポスター」展示

      前期7/1(水曜日)~7/26(日曜日)、後期7/28(火曜日)~8/30(日曜日)

     組織委員会では、宮城県出身の漫画家・荒木飛呂彦さんをはじめとした国内外のアーティストにオリンピック

      またはパラリンピックをテーマに芸術作品を制作していただき、それらを東京2020公式アートポスターとして気

      運醸成に活用していくこととしています。本展では、全20作品を10作品ずつ前期と後期に分けて展示します。

     作品解説等は「東京2020大会組織委員会公式サイト」 https://tokyo2020.org/ja/games/games-artposter/ 

    <今後の県内での展示予定> 宮城県図書館では、7/29~8/16の間、20作品を一堂に展示します。

   ○ 「復興の火」関連展示  9/1(火曜日) ~9/27 (日曜日)

         2020年3月20日、ギリシャで採火された聖火は、聖火特別輸送機「TOKYO 2020(ニーゼロニーゼロ)号」によっ

      て東松島市にある航空自衛隊松島基地に到着しました。「復興の火」として聖火をお披露目した際の展示台等を

      展示するとともに、 聖火到着式等の様子をパネルで紹介します。

 

  ●アクアホール 

  ○ 1964年 聖火リレーパネル展 7/1 (水曜日)~8/16(日曜日)

         1964年に行われた東京オリンピックでも、聖火リレーが行われ、県内を北から南へ、3日間にわたり多くの人々

   の手によって聖火が受け渡されました。熱狂する様子を、当時の新聞記事等のパネルにより紹介します。また、

      1964年大会公式ポスターの実物も併せて展示します。

     協力/河北新報社、東北電力グリーンプラザ                                                                               

     館内では、新型コロナウィルス感染対策を実施しています。ご協力くださるようお願いいたします。
 
     イベントの詳細は 「宮城県東京オリンピック・パラリンピック競技大会ポータルサイト」                 
     https://www.pref.miyagi.jp/site/olympic/miyagi-2020-art.html               

 

■2 MIYAGIからありがとう!~復興支援感謝映像を制作しました~ ■                                      

      「復興五輪」として開催される東京2020(ニーゼロニーゼロ)大会で、宮城県は、東日本大震災の際に世界各国から

   いただいた支援に対する感謝と、復興する宮城の今の姿を発信することに取り組んでおり、そのひとつとして、大会1

   年前の7月23日(木・祝)から、復興支援に対する感謝を伝える映像を仙台市内等で公開します。

   内容は、2011年生まれの子供たちが、スポーツで躍動しながら復興する宮城を紹介し、世界中の言葉で「ありがとう

   !」と元気いっぱいに伝えるものです。ぜひご覧ください。

  <公開予定場所>
 ・宮城県公式YouTube(7/23~) https://www.youtube.com/channel/UCsSLg4zjhM3yOLG2XkYx0zw 
 ・県庁1階行政情報モニター(7/27~)
 ・仙台駅構内2階ダテビジョン(7/23~8/2)
 ・京王線車内K-DGビジョン※東京都内(7/27~8/2)
 ・みやぎ 2020展(7/23~8/16)
 ・泉パークタウン タピオ1階「とうほくぶんのいち」コーナー(7/23~)

 復興支援感謝映像「MIYAGIからありがとう!」
復興支援感謝

 

■3 連載・村松キャプテンのスポーツボランティア集中講義 ■
     オリンピック・パラリンピックでは欠かせない存在のボランティア。スポーツボランティア先進県と言われる宮城県に

   おいて、長年にわたり活動に携わってこられた「グランディ・21ボランティア委員会」村松キャプテンによる全6回の集中

    講義、注目の2回目です。

 ● 第2回 スポーツボランティアの役割

  ○スポーツボランティアはその役割によって3つに分類されます。

   (1)イベントボランティア
     仙台国際ハーフマラソン、ツール・ド・東北、東北みやぎ復興マラソン等地域で行われるスポーツ大会や、国際・全国

   大会などを支える ボランティア

   (2)クラブ・団体ボランティア
     ベガルタ仙台、仙台89ERS、楽天イーグルス等、スポーツクラブやスポーツ団体を支えるボランティア

   (3)アスリートボランティア
     被災地支援等を行うプロアスリートやトップアスリートたちのこと
  
    オリンピック・パラリンピックの大会ボランティア、都市ボランティアは(1)イベントボランティアに当たります。

  ○スポーツボランティアは、3層構造で運営されます。

    チームのまとめ役がリーダー。イベント全体のボランティア活動のまとめ・調整役をコーディネーターと呼びます。

     コーディネーターを通じて自治体・スポーツ団体等の主催者とを結んでいき、スポーツボランティア活動を通じて地域の

  活性化やスポーツの振興を図ります。

   ボランティア、リーダー、コーディネーターの間に上下関係はなく平面で対等です。気持ちをひとつにして共通の目標を達

   成するための「チーム」で活動することが多く、個々の良さを活かしながら互いに尊重し同じゴールを目指すために、リー

    ダー等を中心に活動します。
 
 (プロフィール) 村松淳司 
  グランディ・21ボランティア委員会・キャプテン 1959年生 長年にわたり、宮城・仙台のスポーツボランティアとしてプロス

  ポーツやイベント等で活動するほか、災害ボランティア活動にも携わる。東北大学副理事。

 

■4 Tokyoだより ■
   宮城県からは組織委員会に3人の職員が派遣されています。そこで、派遣職員とともに宮城会場を担当している皆さん

 から、リレー形式で「Tokyoだより」をお送りします。

 

 ● 鈴木 遥さん(宮城県より派遣)大会運営局 会場周辺調整部 会場周辺調整課 会場周辺調整チーム(略してCTY)
 
     組織委員会でラストマイルを担当しています、鈴木です。宮城県から派遣され、今年度で2年目となりました。まさか自

  分が東京で、しかもオリンピックの仕事ができるとは、人生何が起こるかわかりません。

     冒頭で「ラストマイル」担当と記載しましたが、ラストマイルって何?どんな仕事?と思われたと思います。ラストマイル

  とは、競技会場(またはシャトルバス乗降場)から観客利用想定駅までの入退場ルートのことを言います。観客の皆さま

  にラストマイルを安全に歩いていただくため、警備員や誘導員、資機材などの配置計画を作成したり、IOCや自治体など

    の関係機関と調整を行ったりしています。

     今回の開催延期を含め大変なこともありますが、宮城スタジアムでのオリンピック開催を楽しみにしてくださっている皆

     さまのため、今できることを前向きに頑張りたいと思います!

 

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-
発行/宮城県震災復興・企画部オリンピック・パラリンピック大会推進課企画広報班   

電話 022-706-7115 

電子メール olypara-k@pref.miyagi.lg.jp

ホームページ https://www.pref.miyagi.jp/site/olympic/ 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)