ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 震災復興・伝承 > 震災・復興 > 震災・復興 > 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会 > 「企業合同物産展 広島 JAPAN市 東北・九州復興編」が開催されました

FB宮城県の大会概要 ボランティア情報 聖火リレー情報復興の火
パラリンピック聖火フェスティバルホストタウンの取組スポーツ施設紹介宮城県へのアクセス宮城県の取組beyond2020 東日本大震災からの復興状況宮城県観光情報

 


「企業合同物産展 広島 JAPAN市 東北・九州復興編」が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月12日更新

 

平成30年4月6日,7日,8日,広島市・旧広島市民球場跡地にて,「企業合同物産展 広島JAPAN市 東北・九州復興編」が開催されました。

今回のJAPAN市は,東京2020大会正式種目,スケートボードやスポーツクライミングが開催種目となっている「エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル」(FISE WORLD SERIES Hiroshima 2018※略称FISE Hiroshima 2018)内での開催となりました。

 東北からは,岩手県,宮城県,福島県,九州からは熊本県,大分県が参加し,それぞれの土地ならではの食品やゆるキャラグッズのほか,東京2020大会の公式グッズ販売等が行われました。

 宮城県では,ほやや牛たんなどの宮城を代表する食品を中心とした物産展と,併せて観光情報のPRを行いました。会場では,オリンピック・パラリンピック等経済界協議会をはじめ,ボランティアの方々によるサポートをいただき,多くの方々に宮城県の魅力と元気を発信することができました。

 御来場いただきました多く皆様,誠にありがとうございました。

HP4HP3

HP2

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会・森会長が来場されました。

 

<オリンピック・パラリンピック等経済界協議会とは>

 ・経済界が一丸となり,2020東京大会の成功とそれを契機としたレガシー形成に向け,「Toward & Beyond 2020」をスローガンに,日本全国で様々な活動を展開しています。