ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ロシア連邦ニジェゴロド州との交流の経緯
ロシア連邦ニジェゴロド州の概要
ニジェゴロド州との交流の取組

ロシア連邦ニジェゴロド州との交流 【令和元年度】

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

令和元年度の取り組み

平成22年に両州県知事により協力協定書が締結され,これに基づいた交流を続けています。令和元年度は下記の通りの交流事業が実施されています。

令和元年9月ロシア・ニジェゴロド州からの武道交流青年訪問団の受入について

1  受入期間

令和元年9月4日(水曜日)から10日(火曜日)まで

 

2  訪問者

17名(ニジェゴロド州スポーツトレーニングセンター課長1名(団長),同州空手連盟副会長1名,選手15名)

3  事業の成果

  1. 宮城県空手道連盟の協力により,仙台城南高等学校,東北福祉大学空手部及び連盟強化選手と空手の合同稽古を実施し,両国青年の交流を促進した。
  2. 東北福祉大学剣道部の協力により,短剣道体験及び剣道体験を実施したほか,仙台市内秋保神社における居合道体験により,訪問団が日本の武道への理解を深めることができた。
  3. 宮城県石巻市を視察し,被災地の現状を発信するとともに,県内を代表する観光地である松島を視察し,宮城県のPRを行うことができた

※なお,当事業は日露青年交流センターの招聘プログラムを活用し,実施したものです。

訪問の様子
宮城県遠藤副知事表敬訪問秋保神社での居合道体験

宮城県遠藤副知事表敬訪問

秋保神社での居合道体験

東北福祉大学での短剣道体験

仙台城南高等学校空手道部との稽古

東北福祉大学での短剣道体験

仙台城南高等学校空手道部との稽古

東北福祉大学剣道部との剣道体験

宮城県空手道連盟との稽古

東北福祉大学剣道部との剣道体験

宮城県空手道連盟との稽古

宮城県内被災地及び観光地訪問

送別レセプション

宮城県内被災地視察及び観光地訪問

送別レセプション