ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/米国デラウェア州ドーバー市を訪問する岩沼市の中学生が河端副知事を表敬訪問(平成31年3月8日)

みやぎニュースクリップ/米国デラウェア州ドーバー市を訪問する岩沼市の中学生が河端副知事を表敬訪問(平成31年3月8日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月20日更新

  岩沼市の中学生10人が友好都市である米国デラウェア州ドーバー市を訪問するに当たり、3月8日(金曜日)河端副知事を表敬訪問しました。

  生徒を代表し、岩沼中学校2年の平間悠(ひらまはるか)さんが「インテリアコーディネーターになることが将来の夢。米国でさまざまなアイディアを得ることは、今後の人生にとって大きな糧になると思う」とあいさつしました。

  河端副知事は「デラウェア州は、宮城県と雰囲気が似ており、心が落ち着く場所だった」と、昨年11月に宮城県とデラウェア州の姉妹県州20周年事業のために同州を訪問した際の思い出に触れ、「これまで学んできた英語やボディーランゲージ等を使い、積極的にコミュニケーションを図ることで、デラウェア州の方たちに宮城の良さを伝えてほしい」と激励しました。

  岩沼市は平成15年にドーバー市と友好都市を締結し、昨年で15周年を迎えました。両市は中学校同士の交流を中心に友好関係を深めています。

米国を訪問する岩沼市の中学生との記念撮影
米国を訪問する岩沼市の中学生との記念撮影