ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/アサヒスーパードライ「東京五輪」限定ラベルの発売を知事に報告(平成31年1月15日)

みやぎニュースクリップ/アサヒスーパードライ「東京五輪」限定ラベルの発売を知事に報告(平成31年1月15日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月18日更新

  東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のゴールドパートナーを務めるアサヒビール株式会社が、1月15日(火曜日)県庁を訪問し、村井知事に「宮城県限定ラベル」の発売をPRしました。

 今回販売されるアサヒスーパードライの限定ラベルは、1月18日から1月末まで、県内の飲食店、ホテル、旅館を中心に約12万5千本販売される予定です。

 ポスターには、宮城県出身でリオパラリンピックのパラアーチェリーに出場した小野寺公正選手が起用されています。

 同社の秋本浩志執行役員・東北統括本部長は「ゴールドパートナー企業として、来年に迫ってきた大会の機運醸成や日本選手団の応援のほか、地域の活性化に取り組みたい」と意欲を示しました。

 村井知事は「復興五輪として、復興の姿と感謝の気持ちを伝えたい。ビールや素晴らしいポスターを通して県内での気運醸成に引き続きご協力をお願いしたい」と述べました。

限定ラベルをPRする村井知事、アサヒビール関係者
限定ラベルをPRする村井知事(左)、秋本本部長、(中央)、垣内康志仙台支社長