ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/広島県府中市長による表敬訪問(平成30年11月14日)

みやぎニュースクリップ/広島県府中市長による表敬訪問(平成30年11月14日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月22日更新

 今年7月の西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県府中市の小野申人(しんじ)市長が、職員派遣の謝意を伝えるため、11月14日(水曜日)佐野副知事を表敬訪問しました。

 小野市長は「震災直後に職員を派遣いただき大変心強かった。初動対応が円滑に進んだことで、復旧に向けたスタートを早めに切れた」と感謝の言葉を述べました。

 佐野副知事は「職員派遣は東日本大震災で支援いただいた恩返しの一部。災害直後の混乱期に役立てたのであればうれしい」と応じました。

 県は、国の対口(たいこう)支援(カウンターパート方式)に基づき、リエゾン(情報連絡員)を派遣したほか、県内市町職員とともに罹災(りさい)証明関連業務や被災者の健康相談などに従事しました。

佐野副知事に謝意を伝える小野府中市長
佐野副知事に謝意を伝える小野府中市長