ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページみやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/県内初「料理マスターズ」ブロンズ賞受賞(平成30年11月9日)

みやぎニュースクリップ/県内初「料理マスターズ」ブロンズ賞受賞(平成30年11月9日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月19日更新

  仙台市内の中華料理店「楽・食・健・美-KUROMORI-」オーナーシェフの黒森洋司氏が「料理マスターズ」を受賞し、11月9日(金曜日)村井知事に報告しました。

 料理マスターズは、日本の「食」や「食文化」の素晴らしさ、生産者や食品企業等と「協働」したさまざまな取り組みに尽力している料理人を顕彰する制度で、農林水産省が平成22年度に創設したものです。

 村井知事は県内初受賞に祝意を表し、「宮城は復興途上だがシェフには料理で県民を喜ばせてほしい。今回の受賞が県産食材の豊かさを内外に示す絶好の機会となった」と感謝しました。

 黒森シェフは「宮城が中国料理の食材に適しているとずっと感じていた。料理を頑張ることで産地を盛り上げていきたい」と述べました。

料理マスターズでブロンズ賞を受賞した黒森シェフ(右)と村井知事
「料理マスターズ」ブロンズ賞を県内初受賞した黒森シェフ(右)と村井知事