ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育学校教育小中学校公立大学法人宮城大学「震災復興・地域再生と学生ボランティアの役割」シンポジウム

「震災復興・地域再生と学生ボランティアの役割」シンポジウム

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月9日更新

 復興大学災害ボランティアステーションが主催する「震災復興・地域再生と学生ボランティアの役割」のシンポジウムが開催されますので御案内します。

 本シンポジウムでは,東日本大震災から3年を迎えようとしている今,学生ボランティアが地域をフィールドとして,どのような活動を担ってきたのか,担うべきなのか,そして大学はどのような役割を果たしてきたのか,果たすべきなのかという問いをテーマに学生フォーラムや市民フォーラムが開催されます。

 また,基調講演として,関西学院大学災害復興制度研究所教授の山中茂樹氏から「これまでの3年,これからの3年~どう生かす,KOBEの教訓」をお話いただく予定となっています。事前の申込み等は不要です。ポスターセッション・パネル展示もございますので是非御来場ください。

 日程等

日時:平成25年12月13日(金曜日),14日(土曜日)

場所:東北学院大学8号館

主催:復興大学災害ボランティアステーション

共催:復興庁宮城復興局,大学間連携災害ボランティアネットワーク,東北学院大学災害ボランティアステーション

後援:宮城県 他

《問合せ先》復興大学災害ボランティアステーション Tel:022-264-6522

シンポジウムチラシ [PDFファイル/586KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)