ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ごあいさつ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月18日更新

 宮城県金融広報委員会は、宮城県・東北財務局・日本銀行仙台支店及び県内金融機関等により構成されており、中立公正な立場から、くらしに身近な金融に関する広報活動を行っています。
 情報技術革新や経済のグローバル化に伴い、金融商品、サービスの多様化や複雑化が進み、リスクとリターンの理解に必要な情報も多様化しています。また、東日本大震災の発生や国際的な金融資本市場の緊張の高まりを受けて、将来の不確実性やリスクへの備えに関する人々の関心が高まっています。
 若年層や勤労世代は、人口減少や高齢化のもとで、新たな経済発展を担う上での金融・経済問題への理解や将来の生活設計に役立つ情報を必要としているし、高齢者やその家族は、近年増加している金融に関する消費者トラブルに巻き込まれないための情報を必要としています。また、学齢期の児童生徒は、発達段階に応じた金融教育を通じて、複雑化する経済社会の中で、健全に生活していく力を身につけることが求められています。
 私たちが健全な経済生活を営むために、お金や金融経済についての知識や判断力をしっかりと身につけることは益々重要になってきました。
 金融広報中央委員会とともに引き続き「広めようお金の知恵 ~生きる力、自立する力を高めるために」をテーマとして、関係機関や団体等との連携を図りながら、今後も正確でわかりやすい金融経済情報の提供に努め、県民のみなさん一人一人が自立した生活者となるためのお手伝いをします。