ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度 みやぎ復興住宅整備推進会議

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月18日更新

第1 日時・場所等

1 日時

平成31年2月13日(水曜日)午前10時から正午まで

2 場所

場所:宮城県行政庁舎9階 第一会議室

3 出席者

出席者名簿 [PDFファイル/453KB]

席次表 [PDFファイル/227KB]

第2 会議内容

次第 [PDFファイル/182KB]

1 開会
2 挨拶

 事務局から会議の進め方について説明をした後,土木部技監兼次長の進行のもと,次第にしたがい,テーマについて次のとおり説明と質疑・意見交換を行いました。
 

三浦 土木部技監兼次長

三浦技監兼次長挨拶

3 平成30年度活動報告・平成31年度活動方針(事務局案)

 事務局から,平成30年度活動報告及び平成30年度活動方針(案)について説明を行いました。
【資料1】平成30年度活動報告及び平成31年度活動方針(事務局案) [PDFファイル/735KB]

資料1説明

4 テーマ

(1)応急仮設住宅供給の動向

一般社団法人プレハブ建築協会から応急仮設住宅供給の動向について説明がありました。
【資料2】応急仮設住宅供給の動向 取組状況と今後の課題 [PDFファイル/3.21MB]
 

一般社団法人プレハブ建築協会規格建築部会災害対策分科会 代表幹事 栗林靖修

資料2説明

(2)地域型住宅の供給に向けた取組

宮城県地域型復興住宅整備推進協議会から地域型住宅の供給に向けた取組について説明がありました。
【資料3】これまでの活動報告及び今後の活動方針 [PDFファイル/3.08MB]


宮城県地域型復興住宅整備推進協議会 会長(一般社団法人宮城県建築士事務所協会 会長)髙橋清秋

資料3説明

(3)高齢者住宅施策の推進に向けた取組

県(土木部住宅課)から説明を行いました。
【資料4-1】省略
【資料4-2】将来(高齢期)を見据えた住まい方 [PDFファイル/3.11MB]
【資料4-3】現行のみやぎ版住宅制度 [PDFファイル/103KB]
【資料4-4】~【資料4-6】省略


宮城県土木部住宅課企画調査班 技術主査 安藤哲志

資料4説明

5 報告

(1)住宅再建相談会の予定等

独立行政法人住宅金融支援機構から報告がありました。
【資料5】住宅再建相談課の予定等について [PDFファイル/866KB]



独立行政法人住宅金融支援機構東北支店東北復興支援室 室長 東原文彦

資料5説明

(2)復興状況の報告

県(土木部住宅課)から報告を行いました。
【資料6-1】東日本大震災からの災害復旧・復興事業の進捗状況 [PDFファイル/8.12MB]
【資料6-2】被災者の住宅再建等の状況 [PDFファイル/1.14MB]

6 その他

 

 

会議全体

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)