ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

保幼小接続期カリキュラム

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月28日更新

「宮城県版 保幼小接続期カリキュラムの実践に向けて」を作成しました

 幼児期に主体的な遊びを通して身に着けた力が,学童期においてどのようにつながり,子どもの成長に作用していくのかを理解した上で,保育所,幼稚園,認定こども園等と小学校のいずれにおいても「保幼小接続期カリキュラム」を作成することが求められています。

 地域の実情に合わせて「保幼小接続期カリキュラム」を作成,または実践する際の参考として,「宮城県版 保幼小接続期カリキュラムの実践に向けて」を作成しました。〈資料編〉と併せて,ご活用ください。

 「保幼小接続期カリキュラムの実践に向けて」表紙  

 宮城県版 保幼小接続期カリキュラムの実践に向けて [PDFファイル/3.58MB]

 宮城県版 保幼小接続期カリキュラムの実践に向けて〈資料編〉 [PDFファイル/6.43MB]

 ※〈資料編〉の最終ページ「振り返りシート」を加工して使用する場合は,下記より取得してください。

 参考資料「振り返りシート」[Wordファイル/25KB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)