ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県メールマガジン「メルマガ・みやぎ」メルマガ・みやぎ JALふるさとアンバサダー・・・私の好きな宮城

メルマガ・みやぎ JALふるさとアンバサダー・・・私の好きな宮城

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月6日更新

■ JALふるさとアンバサダー・・・私の好きな宮城 第3弾! ■

 コロナ禍で高まる地域活性化へのニーズにこたえるため、日本航空(JAL)ではその土地にゆかりのある客室乗務員(CA)を「JALふるさとアンバサダー」として配置することで、地域の発展に貢献するとともに、新たな価値の創造への取り組みを行っています。
 このコーナーでは、東北の「JALふるさとアンバサダー」に就任した高瀬雅子さんと五十嵐咲さんが、宮城県、東北の魅力などについて紹介します。


 皆さん、こんにちは!おばんです!(こんばんは!)「JALふるさとアンバサダー」の五十嵐咲と申します。客室乗務員として国内線・国際線と約9年間乗務しておりましたが、昨年の10月より「JALふるさとアンバサダー」として、ふるさと東北、宮城に帰ってきました。宮城県の魅力を国内外に発信し、たくさんの方々に宮城県、東北の良さを知っていただきたく活動しています!

 前回は食をテーマに加美町の「サボイキャベツ」をご紹介いたしましたが、今回は宮城県の「花」についてご紹介いたします。

 突然ですが、皆さん、家庭や職場に花を飾られていますでしょうか?私はステイホームが続く生活の中で、花を飾ることによって、心が和み、気持ちが明るくなるので、インテリアに花を取り入れております。冠婚葬祭や、歓送迎会の贈答用としての花の需要が減少している現在、新しいライフスタイルとして家庭や職場に花を飾り、笑顔が生まれる瞬間を作ってみてはいかがでしょうか?

 宮城県では各地でさまざまな種類の花が生産されております。トルコギキョウ(白石市)、スプレーギク(登米市)、バラ(名取市)、カーネーション(岩沼市)、ガーベラ(石巻市)、カスミソウ(大衡村)、ハイブリットチース(田尻町)などがあります。これまでは産地を気にせずに花を選んでおりましたが、改めて花の産地を調べながら選びますと、新たな発見があり、なんだか親しみが湧いてきます。

花

 また、宮城県内には四季折々の花を楽しんでいただける花畑もたくさんあるんですよ。国営みちのく杜の湖畔公園では6月にはポピー、9月にはコキアが見頃を迎えます。また、大崎市三本木では夏にはひまわりが咲き誇り、約42万本のひまわりが青空に向かって元気いっぱい背を伸ばす姿は圧巻です。

ひまわり

JAL_五十嵐さん

 現在、東北の花の消費拡大と、東北の花の魅力を伝えたいという思いから、全国農業協同組合連合会様(JA全農)、株式会社日比谷花壇様とともに「東北のお花を飾ろうプロジェクト」を開催しております。東北の花を使用したフラワーリースを作成しました。こちらのリースは10月末まで、エスパル仙台の「グリルみのる」と「みのりカフェ」において、展示・販売しております。生花からドライフラワーへと変化を感じながら、ぜひ皆さんに手軽に花を楽しんでいただきたいと思っております。

 大切な人に日頃伝えられていない気持ちを東北の花と一緒に伝えてみてはいかがでしょうか?

 今後も人、食、場所、さまざまな出会いを大切に、宮城、東北の魅力を発信していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 『JALふるさと応援チャンネル 宮城県編』YouTube
 -≫ https://www.youtube.com/watch?v=rKQSC6j9qX8

 『OnTrip JAL』HP(JALが提案する観光ガイド)
 -≫ https://ontrip.jal.co.jp/jalstaffvoice/17427464

▲このページのトップへ