ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だより県からのお知らせ(みやぎ県政だより平成31年1月・2月号)

県からのお知らせ(みやぎ県政だより平成31年1月・2月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月4日更新

東日本大震災に関するお知らせ

ご案内

試験

相談

募集

催し


ネーミングライツスポンサーを募集しています

 県有財産の有効活用による歳入確保を図り、環境維持に関する費用の一部に充当するため、ダムや歩道橋のネーミングライツ(施設に愛称を命名する権利)を取得するスポンサーを募集しています。

命名権料
年間30万円以上(別途消費税・地方消費税)
募集期間
随時受け付け

特典

  • ダムの入り口などへの愛称を用いた看板の掲示、ダム堤体などへの愛称の表示
  • スポンサーの希望する日(年4回以内)のダム内の一部の独占使用(日時などは要協議)
  • 多くの方が目にする歩道橋への愛称の表示
  • 県作成のパンフレットなどへの愛称の表示

ネーミングライツスポンサーが決定した施設における愛称の表示例の写真
ネーミングライツスポンサーが決定した施設における愛称の表示例の写真
※ネーミングライツスポンサーが決定した施設における愛称の表示例

対象のダム

  • 樽水(たるみず)ダム(名取市)
  • 宮床(みやとこ)ダム(大和町)
  • 惣(そう)の関(せき)ダム(利府町)
  • 漆沢(うるしざわ)ダム(加美町)
  • 上大沢(かみおおさわ)ダム(大崎市)
  • 払川(はらいかわ)ダム(南三陸町)

対象の歩道橋

  • 平渡(ひらわた)歩道橋(大崎市)
  • 湊(みなと)歩道橋(石巻市)
  • 大門崎(だいもんざき)歩道橋(石巻市)
  • 釜(かま)歩道橋(石巻市)

ダムのネーミングライツについて
URL https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kasen/su-naming-rights-boshuu.html
お問い合わせ
河川課
TEL 022(211)3172

歩道橋のネーミングライツについて
URL https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/road/hodokyo-naming-rights.html
お問い合わせ
道路課
TEL 022(211)3152

 

中小企業のさまざまな課題解決をお手伝いします

「みやぎの産業まるごと支援」イメージ図

公益財団法人みやぎ産業振興機構は、販路・取引拡大や人材育成、事業承継などの中小企業の多様なニーズに対応し、創業・経営革新、経営基盤強化を支援します。
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
(公財)みやぎ産業振興機構
TEL 022(222)1310

お問い合わせ
中小企業支援室
TEL 022(211)2745

 

自衛官候補生募集中!

応募資格
18歳~32歳(応募年齢が変わりました!)
締切
第11回締切 平成31年2月1日(金曜日)
第12回締切 平成31年2月22日(金曜日)
試験
第11回 平成31年2月9日(土曜日)~10日(日曜日)
第12回 平成31年3月2日(土曜日)~3日(日曜日)

試験種目は、筆記試験(国語、数学、社会及び作文)、口述試験、適正検査及び身体検査

※試験日は変更になる場合があります。

給与・各種手当

 任期制自衛官では任期中から退職まで、充実した各種手当であなたをサポートします。無料の宿舎、栄養バランスの取れた食事、被服・寝具類の支給・貸与など、衣食住についても心配ありません。

自衛官候補生手当(入隊後3カ月間)
13万1800円
2等陸・海・空士俸給(入隊後4カ月目から)
16万7700円
自衛官任用一時金(入隊後4カ月目に支給)
17万6000円

 2等陸・海・空士に任官後、地域手当、寒冷地手当、航海手当、乗組手当などが該当者に支給されます。また、任期満了ごとに特例退職手当が支給されます。

特例退職手当
 陸上自衛官海上・航空自衛官
1任期満了時約56万円約93万円
2 任期満了時約142万円約148万円
累計約198万円約241万円

※陸上自衛官では2年、海上・航空自衛官では3年を1任期として任用


試験日、試験会場および出願手続きなど細部につきましては、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ
自衛隊宮城地方協力本部 募集課
TEL 022(295)2612
Eメール pr1-miyagi@rct.gsdf.mod.go.jp


お問い合わせ
市町村課
TEL 022(211)2331

 

365日、宮城県ドクターヘリが、県内全域に出動しています!

ドクターヘリのイラスト

  医師と看護師が、患者さんのもとへ急行し、いち早い治療を行う「ドクターヘリ」が平成28年10月より、仙台医療センター・東北大学病院から出動しています。(夜間・悪天候除く)

救急現場へ急行します

 ドクターヘリは、医師や看護師が、現場で治療をすることができます。出動要請から、約5分で離陸し、医療機器や薬をのせて、片道30分程度で県内の救急現場へ到着します。診療開始が早まるため、救命率が上向いたり、後遺症が少なくなったりする可能性が高まります。

安全な運航に努めています

 ドクターヘリは、比較的音の小さい小型の機体を使用しています。救急車から患者を引き受けるために離着陸する際に、風が発生する場合がありますが、消防機関が支援をするなど、常に安全の確保に努めています。

 離着陸の際、エンジン音や風が出る場合がありますが、引き続き、皆さんのご理解とご支援をよろしくお願いします。

仙台医療センターのドクターヘリの写真
仙台医療センター

東北大学病院のドクターヘリの写真
東北大学病院

お問い合わせ
医療政策課
TEL 022(211)2622

 

東北初・海域のラムサール条約湿地に登録

志津川湾

 平成30年10月18日、南三陸町の「志津川湾」が、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約湿地に登録されました。宮城県では「伊豆沼・内沼」、「蕪栗沼・周辺水田」及び「化女沼」に続く4カ所目、海域としては初めてです。
 志津川湾は、寒流と暖流が混ざり合う珍しい海域で、冷たい海に生育する海藻(マコンブ)と暖かい海に生育する海藻(アラメ)の両方が見られます。また、国の天然記念物であるコクガンが越冬に訪れます。
 南三陸町は、条約の目的である湿地の保全、賢明な利用及び交流・学習に取り組んでいます。2月には「KODOMOラムサールin南三陸町」を開催し、全国の条約湿地で活動する子ども達が集まり、志津川湾の魅力について学ぶ自然環境学習を行います。

暖海に生息するアラメの藻場の写真
暖海に生息するアラメの藻場

認定証を受け取る佐藤仁 南三陸町長の写真
認定証を受け取る佐藤仁 南三陸町長
(アラブ首長国連邦ドバイ市)

コクガンの写真
コクガン

お問い合わせ
自然保護課
TEL 022(211)2672

 

>>みやぎ県政だより平成31年1月・2月号トップへ戻る