ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だより毎月第3水曜日はみやぎ水産の日(みやぎ県政だより平成30年11月・12月号)

毎月第3水曜日はみやぎ水産の日(みやぎ県政だより平成30年11月・12月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月1日更新

毎月第3水曜日はみやぎ水産の日

秋と冬のお薦め食材は魚のおいしさをギュッと凝縮した「かまぼこ」と上品な味わいでさまざまな料理にピッタリの「タラ」

「かまぼこ」と「タラ」の写真

全国的に有名なかまぼこ

 全国1位を誇った宮城県のかまぼこ生産量は、東日本大震災の影響で大きく落ち込みましたが、生産者の努力により全国3位にまで回復しています。
 宮城のかまぼこは笹かまぼこが有名ですが、揚げかまぼこも特産です。寒さを感じるこの季節にはおでんの具材として大活躍。おいしいだしが出るため、おでんの味がグッと引き立ちます。揚げかまぼこはたくさん種類がありますが、各社によって製法・原料が異なり、食べ比べも楽しみ方の一つです。

冬に旬を迎える万能食材タラ

 宮城県のマダラの水揚げ量は、全国第2位を誇り、県内では石巻市や女川町などで多く水揚げされています。
 マダラは白身で上品な味わいが特長であり、鍋料理やフライなど、さまざまな料理に合います。白子(キク)も絶品で、この時期だけの特別な味わいです。目利きのポイントは、切り身は光沢があるもの、白子はきれいな白色のもの。旬の宮城のおいしいタラをお召し上がりください。

「かまぼこ」と「タラ」のお薦め簡単レシピ

みやぎ水産の日 動画はこちらから
みやぎ水産の日動画のQRコード

揚げかまぼこの煮物

揚げかまぼこからだしが出るのでおいしさアップです。

「揚げかまぼこの煮物」の写真

材料(2人分)
揚げかまぼこ……4枚
大根……4㎝程度
ニンジン……1/2本
タマネギ……1/4個

[調味料]
和風顆粒だし……小さじ1
砂糖……大さじ1/2
しょうゆ……大さじ1
酒……大さじ1/2
水……1/2カップ

作り方

  1. 大根は1㎝程度の輪切りにして、ニンジンは乱切り、タマネギは薄くスライスして、揚げかまぼこは1㎝ほどの斜め切りにする。
  2. 鍋に水、和風顆粒だし、砂糖、しょうゆ、酒を入れ煮立てる。
  3. 大根、ニンジン、タマネギを入れて大根が軟らかくなったら、揚げかまぼこを加える。
  4. 煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

生タラのホイル蒸し

フライパン一つで作れるので後片付けも楽々。

「生タラのホイル蒸し」の写真

材料(2人分)
生タラ……2切れ
しめじ……1/2房
マイタケ……1/2房
タマネギ……1/2個
ニンジン……1/4本
小ネギ(刻んだもの)……適量

[調味料]
塩コショウ……少々
とろけるチーズ……大さじ2
酒……大さじ2
レモン……1/2個

作り方

  1. タマネギ、ニンジンを千切りにし、しめじとマイタケは、石突きを取り、ほぐしておく。
  2. アルミホイルにカットしたタマネギ、ニンジン、しめじ、マイタケを敷き、塩コショウした生タラを乗せ、酒をかけたらアルミホイルで包む。
  3. フライパンに1㎝ほどの水を張り、包んだアルミホイルを置く。
  4. 火にかけ、沸騰したらふたをして弱火から中火で焼き15分程蒸す。
  5. 蒸しあがる直前にとろけるチーズと小ネギを入れ、お好みでレモンを添える。

抽選で10名様!! お薦め水産グルメを
プレゼント!!

応募期間 11/1(木曜日)~12/31(月曜日)

応募方法

氏名、住所、性別、電話番号、おさかなクイズの答えを明記の上、QRコードからご応募の方は、申し込みフォームで、ハガキからご応募の方は、下記宛先までご応募ください。

お薦め水産グルメプレゼント応募方法のQRコード

お問い合わせ・応募先

みやぎ水産の日プレゼントキャンペーン事務局
TEL 022(263)0131(代)
〒980-0014 仙台市青葉区本町2-2-6 朝日新聞仙台ビル7F 東日本朝日広告社内

お薦め水産グルメセットの写真(写真はイメージです)
お薦め水産グルメセット
(写真はイメージです)

おさかなクイズ かまぼこ篇 宮城県はかまぼこの名産地ですが、有名なかまぼこは次のうちどれでしょう? A 焼板かまぼこ、B 笹かまぼこ、C さつま揚げ、D 魚肉ソーセージ


「みやぎ水産の日」の情報はこちらから
みやぎ水産の日 で検索

お問い合わせ
県水産業振興課
TEL 022(211)2954

instagram QRコード


>>みやぎ県政だより平成30年11月・12月号トップへ戻る