ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だよりトピックス/クマの出没が増えています!/第7回「富県宮城グランプリ」候補者募集!(みやぎ県政だより平成30年9月・10月号)

トピックス/クマの出没が増えています!/第7回「富県宮城グランプリ」候補者募集!(みやぎ県政だより平成30年9月・10月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月7日更新

クマの出没が増えています!

県内のツキノワグマの目撃件数(痕跡など含む)が増えています

 本年度4月~6月の出没件数は466件と、昨年度同時期の約1.5倍になっています(6月30日現在)。
 紅葉が見頃となるこれからの季節は、山林などクマの主な生息地に入る機会が多くなります。山林などに入る際は、クマと出合わないようにしっかり準備し、もしも、出合った場合の対応について、よく知っておきましょう。

県内のツキノワグマ出没件数(平成28年度〜30年度の比較)

クマと出合わないために

 クマは、基本的に人間を避ける動物ですが、突発的に人間と出合うと攻撃してくることがあります。
 クマに襲われないためには、クマ鈴やラジオを携帯して音を鳴らすことが有効です。複数人の時は、大きい声で話しながら歩きましょう。

クマと出合ったら

 まずは落ち着くことが大切です。
 距離が離れていて、クマがこちらに気付いていない場合は、ゆっくりと静かに立ち去ってください。
 距離が近く、クマがこちらに気付いている場合は、クマから目を離さずにゆっくりと後退してください。突進してきた場合に備えて、自分とクマの間に障害物がくるようにしてください。
 クマの目撃情報のあった場所や近隣にはできるだけ近づかないことも大切です。県のホームページにクマの目撃情報を掲載しているので、山林などにお出掛けの際は、確認しましょう。

クマ目撃情報マップはこちら(QRコード)

ツキノワグマのイラスト

ツキノワグマとは
◎体長:100~160cm
◎体重:50~130kg
◎速度:人間より速く、時速40kmで走る
◎行動時間帯:早朝や夕暮れ時に活発化
◎県内の生息数:600頭以上生息(推計)

お問い合わせ
県自然保護課
TEL 022(211)2673

第7回「富県宮城グランプリ」候補者募集!

 「富県宮城」を目指す県は、本県の産業経済の振興と発展に貢献している企業、団体および個人の皆さんを表彰する「富県宮城グランプリ」の候補者を募集します。

募集期間
9月1日(土曜日)~10月31日(水曜日)

※応募方法など詳しくはホームページをご覧ください。

第6回「富県宮城グランプリ」受賞者を紹介します

富県宮城グランプリ

キョーユー株式会社(美里町)
 電子デバイス分野の精密加工技術を核として自動車や半導体、医療、航空宇宙分野などへの参入を実現し、同分野への県内中小企業の新規参入に道筋をつけるなど、県内企業のけん引役としてリーダーシップを発揮し、裾野の拡大に大きく貢献した点を評価されました。

<受賞者のコメント>
 創業以来、支えてくださった皆さんのご支援とご協力のもと富県宮城グランプリを受賞することができました。未曽有の震災から、県の支援を活用しながら全力で復旧・復興に取り組みました。
 常に挑戦する気持ちを忘れず、時代の変化に適応し、社員一同、地道に取り組んできました。今後も一層の努力を重ね成長する集団として進化してまいります。

「雄勝の濡れ盃」の写真
産学官連携により雄勝石の酒器開発が実現した「雄勝の濡れ盃」。
同社の高い切削加工技術が生かされている。

各部門賞

ものづくり産業振興部門賞
有限会社アークテック(山元町)

「みやぎの食」振興部門賞
有限会社伊豆沼農産(登米市)
株式会社にしき食品(岩沼市)

地域産業革新部門賞
株式会社タカカツホールディングス(大崎市)

GP授賞式写真

各賞受賞者の皆さん


お問い合わせ
県富県宮城推進室
TEL 022(211)2792 
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/fukensui/


>>みやぎ県政だより平成30年9月・10月号トップへ戻る