ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だよりみやぎのふるさと通信(みやぎ県政だより平成30年9月・10月号)

みやぎのふるさと通信(みやぎ県政だより平成30年9月・10月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月1日更新

市町村紹介コーナー
県内の市町村からの情報をシリーズでお知らせします

角田市(かくだし)

むうひめ(伊達政宗公の二女 牟宇姫)のイラスト
むうひめ
(伊達政宗公の二女 牟宇姫)

地図:角田市

平成30年6月末現在
人口:29,457人
世帯数:11,386世帯
お問い合わせ
角田市総務課
TEL 0224(63)2191


 角田市は10月1日に市制施行60周年を迎えます。同日、かくだ田園ホールで記念式典を開催し、宮城学院女子大学の平川新(ひらかわ あらた)学長による歴史講演を行います。

宇宙への夢、未来への夢

 市内にはロケットエンジンを研究・開発する宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))の角田宇宙センターがあります。
 市の中心部、台山(だいやま)公園には、H―2ロケットの実物大模型がそびえたちます。併設された高さ45メートルの展望塔スペースタワーを登れば、ロケットに乗り込む勇敢な宇宙飛行士になった気分を味わえ、宇宙展示館コスモハウスではロマンと未知の世界を楽しく学ぶことができます。
 毎年9月上旬には自然科学を楽しく学べる「はやぶさまつり」(今年は9月9日(日曜日))、5月5日にはペットボトルロケット打ち上げ体験などができる「宇宙っ子まつり」が開催されます。

台山公園のH-2ロケットの実物大模型とスペースタワーコスモハウスの写真
台山公園のH-2ロケットの実物大模型と
スペースタワーコスモハウス

大地の恵み、角田産大豆

 角田市は大豆の生産が盛んです。「味よし、色よし、香りよし」の秘伝豆(枝豆)の収穫に合わせ、角田ずんだまつりを9月末(今年は9月30日(日曜日))に開催します。ぜひご来場ください。

角田ずんだまつりの写真
角田ずんだまつり
今年は9月30日(日曜日)

秘伝豆で作ったずんだもちの写真
秘伝豆で作ったずんだもち

七ヶ浜町(しちがはままち)

町観光協会キャラクターぼっけのボーちゃんのイラスト
町観光協会キャラクター
ぼっけのボーちゃん

地図:七ヶ浜町

平成30年6月末現在
人口:18,909人
世帯数:6,674世帯
お問い合わせ
七ヶ浜町政策課
TEL 022(357)2117


 七ヶ浜町は、来年1月1日に町制施行60周年を迎えます。
 町は、仙台市中心部から車で40分、七つの浜に囲まれています。平成29年に再開した菖蒲田(しょうぶた)海水浴場や、焼き海苔・アワビ・ウニ・カレイ・アナゴ・シャコエビ・ボッケ(カジカの一種)など、個性を競う新鮮な海の幸が自慢です。

町制施行60周年記念の取り組み ルバーブのブランド化など

 6月には、今年度からブランド化に取り組む西洋野菜「ルバーブ」のキックオフイベントを開催しました。外国人避暑地のある町内高山では、西洋野菜の栽培が古くから行われていました。「ルバーブ」もその一つで、国内の栽培は、明治23(1890)年頃から高山で始まったとの説があります。町民の皆さん、研究者、行政が連携し、ブランドとして開発していきます。
 9月24日(月・祝)には、記念落語「七ヶ浜寄席」を七ヶ浜国際村で開催します。出演者は、落語家の林家正蔵さん、六華亭遊花さんです。笑う門には福来たる。落語で大いに笑って、皆さんでハッピーになりましょう。
 11月には記念式典を開催し、町内の功労者の表彰を行います。この他、さまざまな記念イベントを予定しています。詳細は、町のウェブサイトや広報紙でお知らせします。

ルバーブの写真
ルバーブの写真
酸味が特徴の「ルバーブ」。
西洋では加熱・加糖してジャムやデザートにするのが一般的

七ヶ浜国際村 水に浮かぶ直径10メートルの円形型野外劇場の写真
七ヶ浜国際村。
水に浮かぶ直径10メートルの円形型野外劇場


>>みやぎ県政だより平成30年9月・10月号トップへ戻る