ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だより県政ニュース/犯罪のないみやぎに向けて(みやぎ県政だより平成29年9月・10月号)

県政ニュース/犯罪のないみやぎに向けて(みやぎ県政だより平成29年9月・10月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

宮城県警マスコット「みやぎくん」のイラスト
宮城県警マスコット
「みやぎくん」

 近年、特殊詐欺や性犯罪などの被害が後を絶ちません。今回は、県民の皆さんが犯罪の被害に遭わないために、最近の特殊詐欺の手口や性犯罪被害防止のための注意事項などをご紹介します。

特殊詐欺の手口を知ろう!

 本県における特殊詐欺の被害は、平成29年6月末で、被害件数158件、被害金額2億5117万円と、前年の同じ時期と比べて被害件数は、27件増加するなど極めて厳しい現状にあります。
 「特殊詐欺」とは「振り込め詐欺」と呼ばれるオレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺と「振り込め類似詐欺」の総称をいい、どの手口も年々巧妙化しています。
 特に県内で多発し注意を呼び掛けたいのが「オレオレ詐欺」、「架空請求詐欺」「還付金等詐欺」です。手口を知り、自分や家族が被害に遭わないように注意しましょう。怪しいと思ったら、家族や友人、警察に相談しましょう。

【オレオレ詐欺】

 電話を利用して息子や孫、警察官、弁護士、百貨店社員、家電量販店社員などになりすまし、さまざまな理由で振込、または手渡しでお金を騙し取られる手口です。
 県内では、百貨店社員を装い「偽造されたあなたのクレジットカードで買い物した者がいる」「キャッシュカードを新しくする手続きが必要だ」などと言われ、銀行協会などを装う者がキャッシュカードを受け取りに来て騙し取られ、預金を引き出される手口が増えています。

オレオレ詐欺のイラスト

【架空請求詐欺】

 実際にありもしない代金や保証金、契約料などの名目でお金を振り込ませたり、名義貸しを勧めた後、名義貸しは違法で解決するのに手数料がかかるなどと言いお金を振り込ませたりする手口です。
 県内では、有料動画サイトの登録料や使用料金を、コンビニエンスストアで購入した電子マネーやレジで支払う収納代行により支払わせてお金を騙し取る手口が増えています。

架空請求詐欺のイラスト

【還付金詐欺】

 市役所や社会保険事務所など、公共機関の職員になりすまし、医療費や保険金などの還付を口実に「今日までであればATMで手続ができます」などと焦らせ、その後、銀行協会や銀行員を装う者が携帯電話でATMの操作方法を教え、お金を騙し取る手口です。スーパーなどの無人ATMに誘導されることが多いです。
 ATMで還付金の手続きはできませんのでご注意ください。

還付金詐欺のイラスト

性犯罪の被害に遭わないために

 性犯罪は被害者の尊厳を踏みにじる卑劣極まりない悪質な犯罪です。
 被害に遭わないためにすべきことや、相談窓口についてご紹介します。

性犯罪被害に遭わないための5箇条書

  1. 一人で暗い夜道を歩かない
    周囲に注意を払い、ときどき背後を振り返るようにしましょう。また、多少遠回りでも、人通りの多い道路を通るようにしましょう。
  2. スマートフォンの操作や電話などをしながら歩く「ながら歩き」はしない
    周囲に注意が向かなくなります。
  3. エレベーターで知らない人と一緒になった場合は注意する
    緊急連絡ボタンをすぐに押せる位置に立つようにしましょう。
  4. 家の中に入るまで気を抜かない
    中に入る瞬間が狙われることもあります。
  5. 家の中に入ったら鍵をかけ、知らない人が来ても家に入れない

性犯罪の被害に遭ってしまったら……

 被害に遭った場合、まずは警察に110番またはお近くの警察署・交番などに通報しましょう。また、妊娠や性感染症から身体と心を守るため、72時間以内の産婦人科などの受診が望まれます。
 「警察に被害を届けたくない」「誰に相談すればよいか分からない」といった方は、次の相談電話窓口にご相談ください。

性犯罪被害相談電話
TEL ♯8103(ハートさん)

宮城県警察の受付時間/24時間365日受付

 この電話は、発信場所を管轄する都道府県警察の性犯罪被害相談電話につながり、宮城県警察では心理カウンセラーや警察官などが相談に応じます。

性暴力被害相談支援センター宮城けやきホットライン
TEL 0120(556)460

月曜~金曜日/午前10時~午後8時
土曜日/午前10時~午後4時

 この電話は、みやぎ被害者支援センターが運営し、専門の研修を受けた女性の相談・支援員が被害に遭われた方やご家族の相談に応じます。

※被害に遭われた男性からの相談も受け付けています。土曜日には男性相談員による相談も行っています。

みやぎセキュリティメール

 県警では、県内で発生した犯罪情報や被害に遭わないための防犯情報をメールで配信しています。登録は無料となっていますので、ぜひご登録ください。

みやぎセキュリティメールのQRコード

宮城県警セキュリティメール で検索

性犯罪を厳罰化する改正刑法が7月13日に施行されました

主な改正点

  • 「強姦罪」の名称を「強制性交等罪」に変更
  • 被害者の告訴を必要としていた規定が削除され、告訴がなくても起訴できる
  • 女性に限定されていた被害者に男性も含める
  • 法定刑の下限を懲役3年から5年に引き上げ
  • 18歳未満の者に対し、親などの監護者がその立場を利用して性交等をすることを罰する「監護者性交等罪」の新設

防犯の専門家を派遣します!

 犯罪がおきにくい環境づくりのためには、地域の防犯力を高めることが重要です。県では、各地域で実施している「安全・安心まちづくり運動」を支援しています。地域で開催する講習会などに防犯に関する専門家を派遣しますので、ぜひご活用ください。

安全・安心なまちのイメージイラスト

  • 派遣時期/平成29年秋頃から平成30年3月末まで
  • 費用/無料
  • 申し込み先/各市町村安全・安心まちづくり担当課

※詳しくは県共同参画社会推進課までお問い合わせください


お問い合わせ
県共同参画社会推進課
TEL 022(211)2567

お問い合わせ
宮城県警察本部生活安全企画課
TEL 022(221)7171


>>みやぎ県政だより平成29年9月・10月号トップへ戻る