ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だよりみやぎのふるさと通信(みやぎ県政だより平成29年9月・10月号)

みやぎのふるさと通信(みやぎ県政だより平成29年9月・10月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

市町村紹介コーナー
県内の市町村からの情報をシリーズでお知らせします

亘理町(わたりちょう)

わたりんのイラスト
わたりん

地図:亘理町

平成29年6月末現在
人口:33,789人
世帯数:12,151世帯
お問い合わせ
亘理町企画財政課
TEL 0223(34)0505


 亘理町は、宮城県南部に位置し、東に太平洋、西に阿武隈高地、北に阿武隈川と、海・山・川の自然が織りなす風土から、冬暖かく夏涼しい気候と、四季折々の幸がいっぱいのまちです。

亘理の秋といえば「はらこめし」

 亘理の荒浜が発祥の地であり、古くから地元で愛され受け継がれている亘理町民のソウルフードです。
 宮城を代表する郷土料理として、「郷土料理百選」に選ばれ(農林水産省)、10月8日が「はらこめしの日」と認定(日本記念日協会)されるなど、その知名度は日本全国に広がりを見せています。
 阿武隈川に鮭が戻り始める10月初めから11月終わりまでが旬で、町内の至る所に「はらこめし」ののぼりが立ち、多くの観光客がその味を求めて訪れます。

はらこめしの写真
はらこめし

”おいしい“をまるごと体感「水産まつり」

 荒浜漁港に水揚げされた水産物を中心に、亘理町の特産品をまるごと紹介する水産まつり。
 「はらこめし」をはじめ、カニ汁やカレイのから揚げの試食など、食欲を刺激する催しが盛りだくさん。新鮮な魚を破格値で競り落とせる「ミニ競り体験」や「鮭の重さ当てクイズ」では会場が熱気に包まれます。今年は10月7日(土曜日)に荒浜漁港周辺で開催予定です。亘理の“おいしい”をぜひご賞味ください。

ミニ競り体験の写真
ミニ競り体験

川崎町(かわさきまち)

チョコえもんのイラスト
チョコえもん

地図:川崎町

平成29年6月末現在
人口:8,917人
世帯数:3,275世帯
お問い合わせ
川崎町地域振興課
TEL 0224(84)2111(内線1223)


 川崎町は、仙台市と山形市を主要道路でつなぐ、蔵王山麓に属する自然豊かな町。
 雄大な景色が春夏秋冬さまざまに表情を変え、魅力に溢れています。

10万株の花々が咲き誇るみちのく杜の湖畔公園。恒例の野外フェスには、 約4万人が来場します。

国営みちのく杜の湖畔公園の写真
国営みちのく杜の湖畔公園

ARABAKI ROCK FEST.の写真
ARABAKI ROCK FEST.

川崎町の偉人 支倉常長をたたえる祭りを開催します。また、東北では珍しい手筒花火の迫力を体感できます。

みやぎ川崎支倉常長まつり(6月上旬)の写真
みやぎ川崎支倉常長まつり(6月上旬)

みちのく川崎花火フェスタ(7月下旬)の写真
みちのく川崎花火フェスタ(7月下旬)

旧街道で山伏と侍姿の氏子衆が、参勤交代を再現。どこまでも続く紅葉の絨毯(じゅうたん)。登山でも川崎の秋を満喫できます。

羽前街道まつり(10月)の写真
羽前街道まつり(10月)

登山(雁戸山)の写真
登山(雁戸山)

笹谷ICのすぐそば、気軽に行けるセントメリースキー場。夜は雪灯籠で青根温泉が幻想的な光に包まれます。

セントメリースキー場の写真
セントメリースキー場

青根温泉「雪あかり」(2月)の写真
青根温泉「雪あかり」(2月)


>>みやぎ県政だより平成29年9月・10月号トップへ戻る