ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だよりみやぎのふるさと通信(みやぎ県政だより平成29年5月・6月号)

みやぎのふるさと通信(みやぎ県政だより平成29年5月・6月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月1日更新

市町村紹介コーナー
県内の市町村からの情報をシリーズでお知らせします

仙台市(せんだいし)

「ともに、前へ 仙台」のロゴ

地図:仙台市

平成29年2月末現在
人口:1,058,081人
世帯数:500,277世帯
お問い合わせ
仙台市東北連携推進室
TEL 022(214)8482

 市の中心部に広瀬川が流れ、都市と自然が調和する「杜の都・仙台」。東北の経済・文化の中心地として発展してきました。仙台市は、東日本大震災を経験した100万都市として、防災・減災の知見を国内外に発信し、世界の防災文化の発展に貢献する「防災環境都市」を目指しています。

市中心部を流れる広瀬川の写真
市中心部を流れる広瀬川

東北六市の夏祭りが集結「東北絆まつり」開催

 東日本大震災からの復興と犠牲者の鎮魂を願い、平成23年に始まった「東北六魂祭」は、昨年の青森開催をもって東北を一巡しました。東北のさらなる復興とその先の未来に向けて前進するため、「東北絆まつり」として再スタートします。
 東北絆まつりは今年の6月10日(土曜日)と11日(日曜日)の2日間、仙台市内で開催。期間中、西公園や勾当台公園市民広場などでは、さまざまなステージイベントが行われるほか、東北の特産品の販売なども行われます。また、11日(日曜日)には、定禅寺通と東二番丁通で「青森ねぶた祭」「秋田竿燈まつり」「盛岡さんさ踊り」「山形花笠まつり」「仙台七夕まつり(仙台すずめ踊り)」「福島わらじまつり」が一堂に会するパレードを披露します。東北の祭りが渾然一体(こんぜんいったい)となる瞬間を、ぜひお楽しみください。

2011年7月に仙台で開催された東北六魂祭の写真
2011年7月に仙台で開催された東北六魂祭

色麻町(しかまちょう)

かっぺいくんのイラスト
かっぺいくん

地図:色麻町

平成29年2月末現在
人口:7,113人
世帯数:2,109世帯
お問い合わせ
色麻町企画情報課
TEL 0229(65)2127

 色麻町は自然、生活、文化を大切にし、共に支え合い「色麻に生きる喜び」を実感できるまちを基本理念としてまちづくりに取り組んでいます。

シャクヤク園 ~初夏の風にそよぐ赤や白の花を満喫~

 愛宕山公園内には、毎年、6月上旬から約4000平方メートルの畑に約1万株のシャクヤクが咲き誇り、初夏の訪れを告げます。開花時期になるとシャクヤク園一面に見事な花を咲かせ、町外からも多くの人が訪れにぎわいます。常時無料開放しており、ゆったりと散策ができるのが魅力です。
 また、公園内には誰でも気軽に楽しめるパークゴルフ場も併設されており、四季折々に咲く花を楽しみながらプレーができます。お薦めは「農業伝習館」の展望台。船形連峰の大パノラマが見られる絶景スポットです。

シャクヤク祭りの写真
6月上旬にシャクヤク祭り開催

色麻ブランド「えごま」

 「えごま」は必須脂肪酸・αリノレン酸という栄養成分を多く含み、コレステロール・中性脂肪を下げるなどの効果があるといわれています。えごまクッキーやえごまプリンなど「えごま特産品開発」で生まれた、安全で安心な健康食品を販売しています。特に「麻法(まほう)の油」は大好評。
 どうぞ色麻の大地で育った、厳選されたえごま商品をご賞味ください。

えごまの写真
「えごま」はシソ科の一年草です

無農薬で栽培されたえごまを使用したえごま商品の写真
無農薬で栽培されたえごまを
使用したえごま商品


>>みやぎ県政だより平成29年5月・6月号トップへ戻る