ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴みやぎ県政だより特集1/慶長遣欧使節の出帆から400年 今、支倉常長の偉業を知る(みやぎ県政だより平成25年9月・10月号)

特集1/慶長遣欧使節の出帆から400年 今、支倉常長の偉業を知る(みやぎ県政だより平成25年9月・10月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月1日更新

kensei-2013-09-special01-01.jpg

 1611(慶長16)年12月、三陸沖北部などを震源とするマグニチュード推定8クラスの慶長三陸地震が発生しました。当時の資料によると、地震による大津波は、仙台藩領内だけでも数千の命を奪ったといわれています。

 2年後の1613(慶長18)年、仙台藩主・伊達政宗は、この難局を飛躍の機会に変えるべくサン・ファン・バウティスタ号を建造し、メキシコとの交易を目指してヨーロッパに支倉常長ら慶長遣欧使節を派遣しました。

 大津波に見舞われながら2年後には、外国に使節団を派遣するという画期的な事業を成し遂げた事実は、400年後の現代において、私たちに大きな困難から再生するための強い覚悟と勇気を与えてくれました。

 くしくも、2013年は東日本大震災が発生した2011年から2年後であり、慶長三陸地震から2年後に慶長遣欧使節が出帆して400年後となります。

 今回の特集では、あらためて慶長遣欧使節の足跡をたどるとともに、出帆400年を記念して行われるさまざまな事業をご紹介します。

慶長遣欧使節関係年表

1613年
10月28日●サン・ファン・バウティスタ号月浦(石巻市)出帆

1614年
1月28日●スペイン領アカプルコ港(メキシコ合衆国)到着
10月5日頃●スペイン上陸
12月5日頃●マドリード到着

1615年
1月30日●スペイン国王フェリペ3世に謁見、政宗の書状・贈り物を渡し、使命を述べる
8月22日●マドリード出発
10月25日●ローマ到着
11月3日●ローマ教皇パウロ5世に謁見
11月23日●常長含め8名、ローマ市公民権を授与される

1616年
1月7日●再びスペインと交渉するためローマを出発

1617年
7月4日●目的を果たせずスペインを出発、帰国の途に着く

1618年
4月2日●スペイン領アカプルコ港(メキシコ合衆国)出帆
8月10日頃●マニラ到着

1620年
8月●別の船(※)でマニラを出発し、長崎に到着
9月20日または22日●仙台到着、政宗に報告

※マニラ滞在中にサン・ファン・バウティスタ号がスペインに買収されたため

航路

登場人物相関図

出帆 ~スペインへ~

 支倉六右衛門常長は、慶長遣欧使節として仙台藩主・伊達政宗からスペイン国王とローマ教皇への親書を預かり、1613(慶長18)年10月28日、サン・ファン・バウティスタ号に乗り、月浦(石巻市)から出帆しました。太平洋を横断し、日本を出て3カ月後、メキシコに到着。その後、船を乗り換えスペイン艦隊に便乗。大西洋を横断してスペインに上陸します。1615年1月、スペイン国王に会い、政宗の親書を渡し、宣教師の派遣とメキシコとの交易を要請しました。しかし、日本国内でのキリスト教の禁止などにより、国王からの了承は得られませんでした。

ローマに向けて

 交渉を進めるため、ローマ教皇の協力を得ようと1615年8月、一行はローマへ向けて出発します。そして、同年11月3日キリスト教の頂点であるローマ教皇に会い、政宗からの親書を直接手渡します。手紙には、仙台藩でキリスト教を布教するための宣教師派遣と、メキシコと交易するためのスペイン国王への仲立ちをお願いすることが書かれていました。ローマ教皇から宣教師派遣について前向きな返答を得て、再度メキシコとの交易を交渉するためマドリードに戻ります。

失意の帰国

 交渉はうまくいかず、帰国のためにセビリアへと移されます。常長は使節の大部分の人々を帰国させた後もセビリアに留まり、交渉を続けました。しかし、国王からの返書を得られず、1617年7月、失意のまま日本へ向けて帰国の途に就きました。
 マニラに約2年滞在したのち、仙台へ帰ってきたのは、1620(元和6)年9月、月浦を出帆してから実に7年の月日が過ぎていました。

特別展 慶長遣欧使節出帆400年・ユネスコ世界記憶遺産登録記念
伊達政宗の夢 ― 慶長遣欧使節と南蛮文化

  国宝「慶長遣欧使節関係資料」をはじめ国内およびバチカン、イタリア、スペインの多彩な文化財などにより、伊達政宗を使節派遣へと駆り立てた背景や使節の実像について紹介します。

期日
10月4日(金曜日)~11月17日(日曜日)

会場 
仙台市博物館(仙台市青葉区川内26)

料金
特別展観覧料
一般・大学生 800円
高校生 600円
小・中学生 400円

時間
午前9時~午後4時45分(最終入館午後4時15分)

休館日
月曜日(ただし、10月14日、11月4日は開館)、11月5日(火曜日)

お問い合わせ
仙台市博物館
Tel 022(225)3074
仙台市博物館

※「慶長遣欧使節関係資料」のうち、写真の3点が、本年6月にユネスコ世界記憶遺産に登録されました。

写真:支倉常長像
支倉常長像

写真:ローマ教皇パウロ五世像
ローマ教皇パウロ五世像

写真:ローマ市公民権証書
ローマ市公民権証書

記念フォーラム

 慶長遣欧使節が果たした役割を現代的な視点からあらためて評価するとともに、その意義を考え、未来へと引き継いでいきます。

日時
11月1日(金曜日)午後1時30分~4時30分(開場午後1時)

会場
メルパルク仙台(仙台市宮城野区榴岡5-6-51)

定員
200人(事前申込)

参加費
無料

お問い合わせ
慶長遣欧使節出帆400年記念事業実行委員会(以下「実行委員会」)事務局
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syoubun/keicho-mission-400.html

サン・ファン・フェスティバル

 サン・ファン館の再オープンと合わせて記念フェスティバルを開催します。

日時
11月3日(日・祝)・4日(月・休)

会場
宮城県慶長使節船ミュージアム(石巻市渡波字大森30-2)

お問い合わせ
実行委員会事務局
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syoubun/keicho-mission-400.html

芸術銀河2013ミュージカル
「常長の祈り」

 支倉常長ら使節を題材とした県民参加型のミュージカル。仙台藩の侍や諸外国の人々の役を一般公募で募集。客演による俳優も出演する予定です。
※出演者募集は締め切りました。

写真:芸術銀河2013ミュージカル「常長の祈り」練習風景
練習風景

日時
11月23日(土・祝)・24日(日曜日)

会場
東京エレクトロンホール宮城

作・演出・振付
梶賀千鶴子

音楽監督
上田亨

観覧料
S席 2000円
A席 1500円

お問い合わせ
芸術銀河ミュージカル事務所(SCSミュージカル研究所内)
Tel 022(224)7051
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syoubun/m-artsindex.html

制作発表が行われました!

 7月9日、県庁で関係者によるミュージカルの制作発表が行われました。
 制作発表には、劇団四季で台本・演出などを担当した経歴を持ち、現在は「SCSミュージカル研究所」を主宰している梶賀千鶴子さんらが出席しました。
 梶賀さんは、「支倉常長ら慶長遣欧使節は、沿岸を襲った大きな津波被害からの早期復興という希望を託されて出航したと言われています。さまざまな苦難を乗り越えた先人たちの気概や、夢を託した地元の人々の思い、そして異国の地で生まれた使節と現地の人々の絆について、ミュージカルを通してわかりやすく表現し、多くの人に伝えたい。」と意気込みを語りました。
 11月の公演まであとわずか。出演者の稽古も順調に進んでおり、出演者を支える多くのスタッフも一丸となって制作に取り組んでいます。

写真:芸術銀河2013ミュージカル「常長の祈り」制作発表

オペラ「遠い帆」 2013年公演

 支倉常長の生涯を主題とし、三善晃作曲・高橋睦郎脚本により制作された1999年初演のオペラ「遠い帆」。翌2000年に再演し、数々の賞を受賞するなど高い評価を受けたこの作品が13年ぶりに仙台で新たな演出により上演されます。
 日本屈指のソリストと公募で選ばれた市民合唱団や在仙の俳優・舞踊家のほか関係者など、総勢約300人で作品を創り上げます。

日時
12月7日(土曜日)午後6時開演
8日(日曜日)午後3時開演
※両日とも、開演の1時間前から約30分間、演出家らによるプレトークを実施します。

会場
東京エレクトロンホール宮城

総監督
宮田慶子

指揮
佐藤正浩

演出
岩田達宗

ソリスト
支倉六右衛門常長=小森輝彦 
ルイス・ソテロ=小山陽二郎 ほか

管弦楽
仙台フィルハーモニー管弦楽団

観覧料
S席 7000円
A席 6000円
B席 4000円
学生席 2500円

お問い合わせ
仙台市市民文化事業団オペラ上演推進室
Tel 022(727)1875
オペラ 遠い帆

イベントカレンダー

10月4日~11月17日
特別展「伊達政宗の夢―慶長遣欧使節と南蛮文化」
実施場所
仙台市博物館
実施主体
「伊達政宗の夢―慶長遣欧使節と南蛮文化」実行委員会、宮城県ミュージアム復興事業実行委員会

10月5日・26日
特別展「伊達政宗の夢―慶長遣欧使節と南蛮文化」記念講演会
実施場所
仙台市博物館
実施主体
「伊達政宗の夢―慶長遣欧使節と南蛮文化」実行委員会、宮城県ミュージアム復興事業実行委員会

10月27日
慶長遣欧使節出帆400年前夜祭
実施場所
サン・ファン・パーク
実施主体
石巻地域イベント実行委員会

10月28日
慶長遣欧使節出帆400年祭
実施場所
石巻市内ホテル
実施主体
石巻地域イベント実行委員会

10月
アカプルコ市姉妹都市交流40周年記念写真展
実施場所
仙台市内
実施主体
仙台市

11月1日
記念フォーラム
実施場所
メルパルク仙台
実施主体
実行委員会

11月2日
記念式典
実施場所
サン・ファン館
実施主体
実行委員会

チビタべッキア市長歓迎行事
実施場所
石巻市内ホテル
実施主体
石巻市

11月3日・4日
「レディー・ガガ」ティーカップ特別展示
実施場所
サン・ファン館
実施主体
宮城県

11月3日・4日
サン・ファン・フェスティバル
実施場所
サン・ファン館ほか
実施主体
実行委員会

11月23日・24日
芸術銀河2013ミュージカル「常長の祈り」
実施場所
東京エレクトロンホール宮城
実施主体
みやぎ県民文化創造の祭典実行委員会

12月7日・8日
オペラ「遠い帆」2013年公演
実施場所
東京エレクトロンホール宮城
実施主体
仙台市、仙台市市民文化事業団

2014

1月28日
メキシコ祭
実施場所
石巻市内ホテル
実施主体
石巻地域イベント実行委員会

1月下旬
アカプルコ市との姉妹都市交流40周年記念事業(予定)
実施場所
アカプルコ市
実施主体
仙台市

1月下旬~2月上旬(予定)
メキシコ・キューバウィーク「音楽と踊りの夕べ」
実施場所
東京エレクトロンホール宮城
実施主体
実行委員会

お問い合わせ

慶長遣欧使節出帆400年記念事業実行委員会事務局(県消費生活・文化課内)
Tel 022(211)2527
Fax 022(211)2592
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syoubun/keicho-mission-400.html

>>みやぎ県政だより平成25年9月・10月号トップへ戻る