ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県議長記者会見の概要(H26.7.3)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月4日更新

議長記者会見(平成26年7月3日)

開催日等

 日時  平成26年7月3日(木曜日) 午後3時10分から午後3時37分まで

 場所  議会庁舎3階控室

記者会見 議長記者会見 全体

 

議長発表の概要 (配布資料 1 議決結果 [PDFファイル/43KB] 2 発表項目 [PDFファイル/75KB]

(議長)

  本日、6月定例会を閉会いたしました。今定例会を振り返ってみますと、今年度は震災復興計画における再生期の初年度であり、大震災復旧・復興関連の諸課題とともに、宮城県の再生に向けた重要課題について、多くの議論がなされたと思います。

  初めに予算関係ですが、東日本大震災復興交付金の基金造成費など総額で97億円の補正予算を議決したところであります。また、復旧・復興に係る工事請負契約については、先の臨時議会において13件議決致しました。今定例会においても開会2日目に先議議案として8カ件、その後の追加提案も含めまして21件を議決しておりまして、これは、県議会としても復旧・復興が加速するように努めている証左だと考えております。

  議論のあった主なものとして第一番目に、一般質問で取り上げられた中で8名の議員が発言された県立の医学部新設ですが、地域医療の再生にとって最大の課題である医師不足と偏在の解消を図るためのものでありますし、今後の県財政運営にもかかわる重要な課題です。十分な議論がなされたと感じております。今までに明確ではなかった部分も含めて、知事の表明は突然でしたが、県議会としても、宮城県に医学部をという思いに変わりはなく、「宮城県に医学部の新設を求める決議」を可決いたしました。

  また、広域防災拠点の整備については、市町村の防災計画や防災拠点との連携、最大で300億円とされる事業費、宮城野原地区の選定経過を問う一般質問がありました。県議会としても、基礎的自治体として地域防災計画を策定して防災活動を行う市町村との連携、そして、事業計画や事業費についての県民の理解のもとに、事業を進めて行かなければならないと考えていますので、引き続きこの事業を注視して、用地取得等の契約締結、或いは予算審議を通じまして、県議会としての役割をしっかりと果たしていきたいと考えております。

  また、福島第一原発事故に伴って発生いたしました「指定廃棄物の最終処分場問題」これについては、県内3市町が候補地となっていますが、地勢等から処分場として適していないことなど、様々な理由から反対の意思表示がなされています。現在、国、県、関係市町の5者で協議が行われていますが、国においては、詳細調査の実施やその後の選定について、関係市町や地域住民の理解を大前提として、進めていただきたいと思っております。

  次に、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会についてです。県議会としても、聖火リレーの出発地を宮城県内とすることや、現在国立競技場にあります、東京オリンピックの時の聖火台を宮城県内に移設することなど、「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた環境整備及び地域における取り組みへの支援を求める意見書」を可決しました。被災地復興の後押しとなるよう、また、復旧・復興に取り組んでいる国民に希望を与える形で示し、復興のシンボルとして国際社会に、県議会としても取り組んでまいりたいと思います。

   次に、東日本大震災復旧・復興に係る宮城県議会の活動についてです。大震災復旧・復興対策調査特別委員会において、まず、4月14日に復興庁谷公一副大臣及び宮城復興局をお招きし、震災からの復旧・復興に係る様々な課題について意見交換を行いました。

    また、東京電力福島第一原子力発電所事故に起因する県内産業の風評被害については、4月25日に農業、漁業の生産団体と水産加工団体から参考人としてお招きし、被害状況や損害賠償の進捗状況などについてご意見をいただいたほか、5月1日には、東京電力株式会社より新妻常務執行役などに参考人としてお越しいただき、風評被害を含む原子力損害賠償の進捗状況や福島第一原子力発電所における汚染水への対応状況について説明を受けました。

    県議会では、この特別委員会を中心に、県内の風評被害に係る一連の調査結果を取りまとめ、5月27日に東京電力福島復興本社を訪問し、要請書を提出して、東京電力に対し実効ある対応を求めております。

    今後の活動といたしましては、この特別委員会を中心に、これまで実施した調査結果を取りまとめ、平成27年度までとなっている集中復興期間の延長と予算の確保などについて、7月11日に国等へ要望を行うこととしております。

  私からは以上です。