ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 県議会 > 宮城県議会 > 宮城県議会議員・市町村議会議員合同セミナーを開催しました。

宮城県議会議員・市町村議会議員合同セミナーを開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月15日更新

宮城県議会Top/宮城県議会トピックス

宮城県議会議員・市町村議会議員合同セミナーを開催しました。

 

 平成24年11月8日(木曜日)に,宮城県議会議員・市町村議会議員合同セミナーを宮城県庁行政庁舎2階講堂において開催しました。当日は,宮城県議会議員,宮城県内の市町村議会議員及び東北各県からの議会議員など約230名が参加しました。

 第1部講演では,総務省自治行政局行政課の寺田地方議会企画官より,平成24年9月に改正された地方自治法の改正内容を中心に,地方議会をとりまく法制度の改正状況や地方制度調査会などでの検討の方向性について説明をいただきました。

 第2部の講演では,経済産業省製造産業局の菅原郁郎局長より,東日本大震災の発災直後からの政府,とりわけ経済産業省の対応状況について,当事者としての裏話などを交えつつ,現在の東北地方,日本及び中国・世界の経済状況についての説明や東北地方が東日本大震災で受けた経済的なダメージから復興するためには,これまで以上の自動車産業を中心とする産業の集積を図り,各県が持つ大学などと連携しながら,新技術の開発・人材育成を行っていくことが肝要であることなどについて,ご説明をいただきました。最後に単なる震災からの復興にとどまらず,日本をしょってたつくらいの気概で復興に携わってほしい旨のメッセージをいただき,盛況のもと終了しました。

セミナー会場風景議長あいさつ

              会場風景                           議長あいさつ

寺田講師菅原講師

    総務省自治行政局行政課 寺田地方議会企画官           経済産業省製造産業局 菅原局長