ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 県議会 > 宮城県議会 > 第158回 全国都道府県議会議長会定例総会

第158回 全国都道府県議会議長会定例総会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月30日更新

第158回 全国都道府県議会議長会定例総会が開催されました

 平成29年10月26日に第158回全国都道府県議会議長会定例総会が、熊本県熊本市で開催されました。

全国都道府県議会議長会とは

 全国の都道府県議会の議長で構成される組織で、地方六団体のひとつです。行事としては、各都道府県議会間の連絡を保ち、地方自治の発展を図るため、定例総会のほか、役員会や各委員会などを開催しています。
 (定例総会については、例年3回、うち秋開催分を各都道府県持ち回りで開催。)

 今回は、熊本県熊本市で開催され、当県議会の中島議長が出席しました。

第158回の主な内容

 会議では、「地方税財源の充実確保に関する決議」などの議案が審議され、議決されました。また、自治功労表彰として、本県議会議員のうち、議員在職30年以上の渡辺和喜議員、10年以上のすどう哲議員、只野九十九議員、遠藤 いく子議員、菊地恵一議員、髙橋伸二議員、細川雄一議員、村上智行議員、吉川寛康議員、佐々木幸士議員、長谷川敦議員、渡辺忠悦議員が表彰されました。

 会議の様子(全景)

 会議の様子(全景)