ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県家庭教育支援チーム派遣事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月15日更新

 令和元年度事業

保護者対象

派遣事業の様子

鶯沢小学校(栗原市)

栗原市

志波姫小学校(栗原市)

栗原市

 金成小中学校(栗原市)

栗原市

多賀城市ファミリーサポートセンター

多賀城市

船迫子どもセンター(柴田町)

船迫

 

かわさきこども園(川崎町)

川崎

舘矢間小学校(丸森町)

舘矢間

矢本はなぶさ幼稚園(東松島市)

はなぶさ

わだつみ保育園(塩竈市)

わだつみ

川崎町子育て支援センター

川崎町

吉田小学校(大和町)

吉田

高清水小学校(栗原市)

高清水

<参加者の感想>

・つい忙しくてちょっと待っててと顔を見ないで返事してしまうことがある。顔を見て,目を見てちゃんと言葉のキャッチボールをすることが大切であることを感じました。

・「~しなさい」「~してダメ」と口癖で言ってしまっていた自分に気づかされた。

・子供の気持ちを受け止める。今までやっていたが足りないような気がします。今後も心の声を聞いてあげたい。

・普段の悩みをみんなと話せてよかった。みんな同じ悩みを持っていることに安心しました。

・力を抜き,周りの方と話し合いを持ちながら子育てしていきたいです。

中学生対象

派遣事業の様子
金津中学校(角田市)

                    金津 金津

                    金津 金津

 

<参加者の感想>

・とても楽しい授業でした。赤ちゃんと妊婦さんのことについて改めて知ることができたので良かったです。私の家族は4世代なので,曾祖父母から私までつながっていて全員で暮らしているので大切にしていき,これからも楽しく毎日を過ごしていきたいと思います。今日はこのような授業を,お忙しい中開いてくれてありがとうございました。少しうるさくなったところがあったりしてすいませんでした。また,機会があったらぜひとも参加したいと思います。

・3億分の1という奇跡の確立があったことはすごいことなんだと再認識しました。赤ちゃんはお腹の中では音が聞こえているということは新しい発見だと思います。やはり子供は親の言葉を聞いて学習する傾向があるので,コミュニケーションは大切なことであると思いました。なかなかこのような学習をすることはないので,とても良い勉強になりました。もしこのような活動ができる機会があれば参加してみたいと思います。

・親のありがたみを感じました。親になることがとても大変で簡単ではないという事が分かりました。妊婦さんを助けたいと思った。

・今日の体験で,妊娠している人の苦労や辛さを知ることができたので良かったと思います。具体的な赤ん坊の重さを知ることができて良かったです。

・未来に希望をもてた。

 

高校生対象

派遣事業の様子
東松島高等学校涌谷高等学校

東松島

東松島

東松島

涌谷

涌谷

涌谷

<参加者の感想>

・自分も親になったら今日の事を思い出して,子どもに声をかけていきたいと思います。

・もう少し,身の回りの人たちに目を配り,感謝しようと思った。そして,頑張って生きようと思った。

・親になるための事前準備ができた時間だと思いました。どういう大人になるかは自分次第だと思った。

・子供ができて生まれてくるという過程で,親がどれだけ苦しくてつらかったかを私たち高校生に知る機会を与えてくれてすごくうれしく,楽しかったです。自分もいつかは子供が欲しい。

・妊娠中のお腹や赤ちゃんを抱っこした時の気を遣う場面が多いところや本当に楽なことではないんだなと思いました。将来子供ができた時のために今のうち大事な事をわかっておこうと思いました。