ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

防災キャンプ推進事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月7日更新

 自然災害等に主体的に対応してたくましく生き抜こうとする青少年の育成と,地域防災力の基盤となる地域コミュニティを醸成することをねらいとして,避難生活体験型の『防災キャンプ』実施します。

概要

 災害や被災時の対応の理解,学校等を避難所とした生活体験等の防災教育プログラムの実践をとおして,防災教育の観点に立った青少年の体験活動を推進します。

平成30年度の取組

「未来へつなぐ学校と地域の安全フォーラム」~多様な協働をとおして~ を開催します

 今年度は,生涯学習課とスポーツ健康課,そして,東北大学災害科学国際研究所防災教育国際協働センターが主催として開催します。
 特別講演,事例発表,パネルディスカッション等をとおして,今後の学校安全,地域安全の推進をめざしていきます。

日時 平成30年11月22日(木曜日) 9時30分~16時10分  ※受付9時~

場所 岩沼市民会館  住所:岩沼市里の杜一丁目2-45

          電話:0223-23-3450

内容 

(心をつなぐ)アトラクション ~仙台西高等学校合唱部~

【開会行事】

(つながりとは)【特別講演】

「防災教育に取り組む上で大切なこと」

国立研究開発法人防災科学技術研究所 理事長  林 春男 氏

(3つの安全教育のつながり)

【先進事例発表】
・生活安全:石川県小松市立串小学校         校長 川場 慶二 氏 
・交通安全:熊本県立八代工業高等学校      教諭 増田 健治 氏

(世界とつながる)【ワイドビジョントーク】

 「豊かな防災教育のために関係機関や世界とつながる」
・NPO法人SEEDS Asia  事務局長 中川  裕子 氏
・国土交通省東北地方整備局企画部長 西尾  崇 氏
・ファシリテータ:東北大学災害科学国際研究所教授 佐藤 健 氏

(校種間のつながり)【幼小中高の連携】(石巻市の実践発表)

・石巻市立二俣小学校  主幹教諭 佐藤 貴司 氏
・石巻市立河北中学校  教諭     門脇 泰史 氏

(地域とのつながり)【パネルディスカッション】

パネリスト

・山元町防災拠点・山下地域交流センター   所長 岩佐   勝 氏 
・山元町教育委員会生涯学習課 副参事(派遣社会教育主事)伊藤 克巳 氏
・大崎市古川清滝地区公民館  生涯学習推進主任 相原 由美 氏
               生涯学習推進員  佐々木 真由美 氏 
・宮城県松島自然の家 次長(研修支援班長)   我妻 敬一 氏
・コーディネーター:宮城教育大学学長付特任教授  野澤 令照 氏

【閉会行事】

開催要項はこちら↓

「未来へつなぐ学校と地域の安全フォーラム~多様な協働をとおして~」 [PDFファイル/447KB]

申込フォーム→ 11月12日(月曜日)まで「未来へつなぐ学校と地域の安全フォーラム」参加申込書 [Excelファイル/14KB]                                                                               

申込先  宮城県教育庁生涯学習課社会教育推進班   

                 所在地  〒980-8423 仙台市青葉区本町三丁目8-1

                 電 話:  022-211-3654      FAX:  022-211-3697

        E-mail:syogake@pref.miyagi.lg.jp

 

今年度防災キャンプ実施市町

大崎市「きよたき防災デイキャンプ」

山元町「山元町防災キャンプ」

※11月22日「未来へつなぐ学校と地域の安全フォーラム」【パネルディスカッション】で実践発表を行います。

 

平成29年度の取組

地域防災フォーラムinみやぎを開催しました

「地域防災力」を高めるための,関係諸団体との連携の在り方につい一緒に考えてみませんか。

  日 時 平成30年1月18日(木曜日) 10時~16時  ※受付9時30分~

       ※午後のみの参加も可能です。その場合は,13時00分までお越しください。                                                                                                    

  場所 岩沼市民会館  岩沼市里の杜一丁目2-45

  内 容 ☆ワークショップ☆                  10時00分~12時00分

        ○タブレットを活用した防災マップづくり

        ○防災・減災の力を高めるカードゲーム

       ☆平成29年度委託された3市町の実践事例発表☆    13時00分~14時00分   

       「地域防災力を高める」~先進的な防災キャンプから学ぶ~

       <平成29年度委託市町> 

        岩沼市   栗原市   女川町

       ☆パネルディスカッション☆               14時30分~16時00分                        

       「関係諸団体との相互協力による地域防災力の向上について」

        コーディネーター  宮城教育大学 学長付特任教授         野澤  令照氏

        パネリスト       東北学院大学地域共生推進機構特任教授    本間     照雄氏

        パネリスト       NTTドコモ東北支社            阿部    智氏

        パネリスト       成田中学校ささえ隊 コーディネーター   増田 恵美子氏

  申 込 下記あて,電話またはFAX,E-mailでお申込ください。

       〈必要事項〉お名前,連絡先

                 ※ワークショップ参加の希望の方は,チラシの後ろにある参加希望欄に○をつけてだしてください。     

       ※お申込いただいた方には事前の連絡はいたしませんので,当日,直接会場にお越しください。

  申込先  宮城県教育庁生涯学習課社会教育推進班   

                 所在地  〒980-8423 仙台市青葉区本町三丁目8-1

                 電 話:  022-211-3654      FAX:  022-211-3697

        E-mail:syogake@pref.miyagi.lg.jp

 

 

今年度防災キャンプ実施市町村

   岩沼市

   栗原市

   女川町

防災キャンプ指導者研修会を実施しました

    防災・減災の知識や実践力を高め,地域防災に貢献できる人材を育成します。

   期 日 平成29年9月22日(金曜日) 災害対応カードゲーム・サバ飯づくり・防災ウォークラリー

             23日(土曜日) 災害を生き抜くゲーム・サバ飯づくり・防災ウォークラリー 

   ※22日と23日は午前中のプログラムが違います。申込みする日をお間違えのないようお気をつけください。               

   場所 松島自然の家

   要項はこちら→ 防災キャンプ指導者研修会要項 [PDFファイル/164KB]

 

平成28年度の取組

「地域防災フォーラムinみやぎ」への御参加ありがとうございました。

  <当日の様子>

  1,実践発表(ポスターセッション) 「地域防災力を高める」~先進的な防災キャンプから学ぶ~ 

    今年度の防災キャンプ実施市町村の実践をポスターセッション形式で発表しました。

  

ポスターセッションの様子
東松島市大崎市多賀城市

ポスター①

大崎市

多賀城市

東松島市

大崎市多賀城市

参加者からは,防災キャンプの実施後に何か変化がありましたか?地域・学校・行政が一緒に取り組む際のキーパーソンは誰でしたか?など,具体的な質問があり,活発な意見交換がされておりました。

<参加者の感想から>

○ それぞれ特色のある活動をされていて,様々な切り口から活動のしかけや活
   動事例を伺うことができてよかった。
○ 具体的なお話を頂き,今後参考にしてチャレンジしてみたくなった。
○ ジュニア・リーダーの育成は大切だと思います。若い世代の力は大切。
○ ジュニア・リーダーや学童に防災について伝えたり,体験させることは今後大
   切である。将来,いざというときに活躍してくれると期待する。
○ 地域の公民館の担当の方の手作り感あふれるあたたかい活動の推進が地
   域の防災の意識を高めることを実感しました。
○ 公民館を核とした地域力・近所力は他の地域に紹介したい内容であった。

聴衆

  2,パネルディスカッション 「地域・学校・行政をつなげる力」
                      ~地域防災力を高めるキーパーソンについて考える~

        

野澤 令照氏        佐藤 修司氏         増田恵美子氏      上吉原良実氏
野澤先生 修司戦士江 増田さんかみよしはらさん

 4名から,御自身の実践や経験から見えてきたキーパーソンの在り方や必要性などについてお話を頂きました。

 パネルディスカッションの概要についてはこちら→パネルディスカッションの概要 [PDFファイル/1.11MB]

 

地域防災フォーラムを開催しました!!

 「地域防災力」を高めるための,地域・学校・行政の連携のあり方と,リーダーの役割について一緒に考えてみませんか。

  日 時 平成29年1月19日(木曜日) 13時00分~                                                                                                   

  場所 東北歴史博物館   多賀城市高崎1丁目22-1

  内 容 平成28年度委託された3市の実践事例発表

       「地域防災力を高める」~先進的な防災キャンプから学ぶ~

       <平成28年度委託市> 五十音順

        大崎市:地域(公民館)が中心となって、学校・行政と連携しながら地域防災力を高める取組

        多賀城市:地域(公民館)が中心となって青少年と地域住民の防災力を高める取組 

        東松島市:行政が中心となって青少年の防災力を高める取組

       パネルディスカッション

       「地域・学校・行政をつなげる力」

                 ~地域防災力を高めるキーパーソンについて考える~

        コーディネーター  宮城教育大学 学長付特任教授         野澤  令照氏

        パネリスト       復興庁男女共同参画班 政策調査官     上吉原 良実氏

        パネリスト       岩沼市教育委員会 参事兼学校教育課長 佐藤  修司氏

        パネリスト       成田中学校ささえ隊 コーディネーター   増田 恵美子氏

  申 込 下記あて,電話またはFAX,E-mailでお申込ください。

       〈必要事項〉お名前,連絡先,(所属先)     

       ※お申込いただいた方には事前の連絡はいたしませんので,当日,直接会場にお越しください。

  申込先  宮城県教育庁生涯学習課社会教育推進班   

                 所在地  〒980-8423 仙台市青葉区本町三丁目8-1

                 電 話:  022-211-3654      FAX:  022-211-3697

        E-mail:syogake@pref.miyagi.jp

 

防災キャンプ指導者研修会を開催しました!!

    防災・減災の知識や実践力を高め,地域防災に貢献できる人材を育成します。

   期 日 平成28年10月28日(金曜日)  主に教職員,行政職員対象

                  29日(土曜日)  主に一般県民対象               

   必ずこの限りではありません。

   場所 松島自然の家(旧宮戸小学校)

 

たくさんの方の参加ありがとうございました。

  ※  当日の様子はこちら→指導者研修会の様子 [PDFファイル/628KB]   

今年度の委託先

  県内の3つの市町村が地域・学校・行政が連携した独自の防災キャンプを展開します。

    ・大崎市(清滝公民館を中心とした防災キャンプ)

    ・多賀城市(大代公民館を中心とした防災キャンプ)

    ・東松島市(ジュニア・リーダーやイン・リーダーの研修会とタイアップさせた防災キャンプ)

平成27年度の取組

  •  蔵王町防災キャンプ 〔蔵王町〕
  •  川崎町富岡中学校防災キャンプ 〔川崎町〕
  •  西野地区水の里防災訓練 〔登米市〕

地域防災フォーラム in みやぎ[PDFファイル/2.2MB]

 住民一人一人が地域の担い手として災害に立ち向かう力,『地域防災力』が求められています。このことから,地域・学校・行政が連携して取り組む防災キャンプのあり方について考えます。

  • 日時  平成28年1月15日(金曜日) 13時30分~16時30分
  • 会場  東北歴史博物館 講堂
  • 概要  防災キャンプ事例発表(蔵王町・川崎町・登米市)
        講演「地域・学校・行政が連携した体験活動を通して「地域防災力」を高める!」  

平成26年度の取組

体験的に学ぶ防災教育推進フォーラム[PDFファイル/733KB]

平成25年度の取組 

体験的に学ぶ防災教育推進フォーラム[PDFファイル/627KB]

平成24年度の取組

 体験的な防災教育プログラムの開発と実践手法の構築を推進するため,県立自然の家で「防災キャンプ」を実施しました。

体験型防災教育プログラムのススメ 

 県立自然の家では,体験型防災教育プログラムを実施しています。学校教育をはじめ,PTA行事や子ども会行事,地域行事等でも実施可能な内容です。
 詳しくは,各自然の家にお問い合わせください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)