ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育生涯学習家庭教育家庭教育,青少年・青年・成人教育平成30年度第1回宮城県家庭教育支援チーム連絡会議・研修会を開催しました
トップページ分類でさがす子育て・教育子育て子育て支援家庭教育,青少年・青年・成人教育平成30年度第1回宮城県家庭教育支援チーム連絡会議・研修会を開催しました

平成30年度第1回宮城県家庭教育支援チーム連絡会議・研修会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月14日更新

平成30年5月8日(火曜日)に宮城県庁において,「平成30年度第1回宮城県家庭教育支援チーム連絡会議・研修会」を開催しました。宮城県家庭教育支援チーム員及び宮城県家庭教育支援チーム協議委員,各市町村行政担当等,合計78人が参加し,宮城県家庭教育支援チームの活動をとおした,各市町村の家庭教育支援の振興について研修しました。

研修会概要

●事例発表 「地域とともに歩む家庭教育支援チームの活動」
 <講師>千葉市家庭教育支援チームこもんず代表  菊池まり 氏

●平成30年度 宮城県家庭教育支援施策について〔生涯学習課〕

●講義・演習 「地域における子どもと保護者の育ちを支える支援者の役割」
 <講師>宮城教育大学教職大学院教授 梨本雄太郎 氏
   

研修会の様子

 

  • 研修会に来るたびに学びの場となり,もっと早くに菊池まりさんの取組を知りたかったと思いました。学んだことを地域で共有し,頑張っていこうと思います。県の取り組もうする内容や方向性も見えて良かったです。
  • 出会いのコミュニケーションを大切にすることで,地域ぐるみの子育てにつながることが分かりました。その核となる家庭教育支援チームの活動を活性化させたいです。
  • 他の団体等との連携が大切だと思いました。ただ,どのようにして協力体制を作るのかが問題だと感じました。どこでも皆さんが協力してくれるとは限らないと思っております。
  • 価値の多様性を認め「否定しない」ことが大切だと思いました。相手の気持ちを考え寄り添う支援について考える良い機会となりました。お二人の講師の貴重なお話を聞くことができ,とても良かったです。
  • 事例発表では,失敗例も教えていただき参考になりました。午後の研修では,少数者の対応について,考えたことがなかったのでとても勉強になりました。グループ内でも答えがまとまりませんでしたが,改めて考える機会になりました。

     
    研修会の様子
    委嘱状
         チーム員代表への委嘱状交付
     
    協議委員
         協議委員代表への委嘱状交付
    菊池まり
         講師:菊池まり 氏
    全体1
         研修会全体の様子1
    梨本先生
         講師:梨本雄太郎 氏
    研修会2
         研修会全体の様子2