ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県観光のあゆみ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月2日更新

行政情報

宮城の観光をもっと知る

宮城県観光のあゆみ

昭和20〜29年
昭和20〜29年一覧

昭和20年2月20日 

北蔵王磐司、国の名勝に指定 。

昭和21年8月6日

仙台七夕まつり復活。

昭和22年2月8日

県立自然公園「蔵王連峰」誕生。

昭和22年5月26日

県立自然公園「牡鹿半島」誕生。

昭和22年6月2日

仙台観光協会、仙台駅観光案内所創設。

昭和22年8月1日

県立自然公園「二口峡谷」誕生。

昭和23年9月12日

こけし蒐集家 深沢要氏歌碑鳴子温泉神社境内に建立。

昭和23年11月11日

天地有情の碑 晩翠草堂跡に建立。

昭和23年12月18日

陸奥国分尼寺祉 国の史跡に指定。

昭和23年12月29日

県立自然公園「気仙沼」誕生。

昭和24年6月14日

宮城県観光連盟創設。

昭和25年1月31日

宮城県商工部通商観光課設置。

昭和25年5月12日

宮城県重要文化財等保存規定制定。

昭和25年8月6日

日本レクリエーション総裁 三笠宮殿下御来仙を機に宮城県レクリエーション協会設置。

昭和25年10月30日

国設花渕山スキー場オープン。

昭和25年11月3日

土井晩翠先生文化勲章を受賞。

昭和25年11月11日

毎日新聞社主催 日本観光地百選に「蔵王」山岳第一位に入選。

昭和26年3月28日

宮城県観光案内業条例設定。

昭和26年4月1日

宮城県県立公園条例設定。

昭和27年3月29日

鬼首雌釜および雄釜間歇泉、国の特別天然記念物に指定。

昭和27年7月8日

宮城県商工部通商観光課機構改革により観光課誕生。

昭和27年8月11日

土井晩翠の詩碑「荒城の月」青葉城祉に建立。

昭和27年10月20日

第7回国民体育大会、天皇・皇后両陛下御臨席のうえ宮城・福島・山形の三県において開催。

昭和27年11月22日

名勝松島、国の特別名勝に指定。

昭和27年11月22日

東北大学付属図書館所蔵の紙本墨書類聚国史国宝に指定。

昭和27年11月22日

大崎八幡神社国宝に指定。

昭和28年3月31日

松島瑞巌寺本堂国宝に指定。

昭和28年10月9日

青葉城祉本丸跡に伊達政宗像を旧台座に再建。

昭和28年11月7日

第一回全国こけし大会鳴子町で開催。

昭和29年10月11日

宮城県文化財保護条例制定。

昭和30〜39年
昭和30〜39年一覧

昭和30年3月22日

県 の花に「ミヤギノハギ」指定。

昭和30年4月5日

天皇皇后両陛下、黒川郡大衡村植樹祭に御臨席。

昭和30年5月12日

正藍冷染の千葉あやのさん国の重要無形文化財に指定。

昭和30年5月30日

宮城県史(第16巻)観光発刊。

昭和30年6月22日

奥州御島頼賢碑、国の重要文化財に指定。

昭和30年8月12日

陸奥国分寺の発掘調査開始。

昭和31年1月14日

第29回全日本学生スキー大会、鳴子スキー場において開催。

昭和31年3月1日

NHK仙台中央放送局テレビ試験放送開始。

昭和32年2月12日

国鉄気仙沼線運転開始。

昭和32年4月22日

仙台空港の開港式挙行、全日空東京〜仙台間定期便就航。

昭和32年9月5日

仙山線で我国初の交流電化完成運転開始。

昭和32年10月12日

鳴子ダム完工。

昭和33年1月1日

花山ダム完工。

昭和33年6月1日

全日空仙台〜札幌線を開発就航。

昭和33年11月10日

東北大学附属植物園青葉山に開園。

昭和34年6月27日

松島瑞巌寺の庫裡および回廊国宝に指定。

昭和34年7月16日

宮城県県立自然公園条例、県立都市公園条例制定。

昭和34年8月18日

陸奥国分寺(仙台市)において全国初の両院跡発掘に成功。

昭和35年1月6日

孝勝寺放火により政岡の遺品多数消失。

昭和35年7月24日

「南蔵王ユースホステル」オープン。

昭和35年9月10日

NHKおよび民放においてカラーテレビ放映開始。

昭和35年10月1日

鬼首、中山平、川渡温泉を国民保養温泉地に指定。

昭和35年10月19日

宮城県営青葉山ゴルフ場条例制定。

昭和36年3月1日

国鉄東北本線上野〜仙台間電化完成。

昭和36年4月4日

青葉城祉三の丸跡に中国の詩人魯迅の碑建立。

昭和36年4月15日

陸奥国分寺薬師堂、国の重要文化財に指定。

昭和36年5月7日

石巻市伊原津温泉に2000年前の大賀ハス移植。

昭和36年9月1日

国鉄東北本線に「ひばり」登場。

昭和36年9月13日

宮城県蔵王観光開発推進協議会設立。

昭和36年10月1日

大倉ダム完工。

昭和36年10月10日

青葉城祉三の丸跡に仙台市博物館開館。

昭和36年11月1日

宮城県青葉山ゴルフ場管理事務所開設。

昭和36年11月2日

松島公園監視船「しらはぎ」進水式。

昭和36年11月5日

宮城県営青葉山ゴルフ場オープン。

昭和36年11月5日

「仙台雀踊り」仙台市立一中生により復興。

昭和36年11月14日

花山村「アズマシャクナゲ」の自生北限帯地、国の天然記念物に指定。

昭和37年1月7日

第2回新観光みやげ品コンクールで「鳴子わらべ」日本商工会議所会頭賞受賞。

昭和37年2月20日

全国お国自慢みやげ品展において「政岡豆」全国観光土産品連盟会長賞、「七夕人形」日本商工会議所会頭賞、「先代萩人形」日本観光協会長賞を受賞。

昭和37年3月3日

蔵王かもしか温泉において日本全国山岳会全国大会開催。

昭和37年3月18日

蔵王有料道路ペットネーム「蔵王エコーライン」に決定。

昭和37年3月30日

栗駒ダム完工。

昭和37年4月4日

第2回全国絵はがきコンクールにおいて「宮城蔵王温泉郷」入賞。

昭和37年7月14日

有料道路「蔵王エコーライン」一部開通。

昭和37年8月1日

東北急行バス東京〜仙台間運行開始。

昭和37年9月10日

国民宿舎「鬼首ロッヂ」オープン。

昭和37年11月1日

県立自然公園「船形連峰」誕生。

昭和37年11月9日

有料道路「蔵王エコーライン」全線開通。

昭和37年12月10日

国設みやぎ蔵王(中央蔵王)スキー場オープン。

昭和38年4月4日

国際観光旅館連盟宮城県連絡協議会設立。

昭和38年5月24日

蔵王をきれいにする会発足。

昭和38年6月1日

女川〜雄勝間「リアスブルーライン」開通。

昭和38年6月16日

支倉六右衛門船出350周年記念祭(石巻市)。

昭和38年8月8日

国定公園「蔵王」誕生。

昭和38年9月28日

仙台藩花山村寒湯番所跡、国の史跡に指定。

昭和39年3月3日

仙台湾地区、新産業都市に指定。

昭和39年4月1日

南東北三県(宮城・山形・福島県)観光開発協議会設立。

昭和39年4月28日

オリンピック県民運動推進協議会(観光部門)発足。

昭和39年6月1日

陸中海岸国立公園に「唐桑、気仙沼地区」編入。

昭和39年6月27日

八景島暖地性植物群落、国の天然記念物に指定。

昭和39年7月1日

仙台空港第二種空港に指定。

昭和39年7月1日

宮城県蔵王国定公園管理事務開設。

昭和39年9月8日

青葉城祉政宗像、岩出山城址に移転。

昭和39年9月27日

有料道路「蔵王ハイライン」開通。

昭和39年10月9日

政宗公騎馬像青葉城祉本丸跡に再建。

昭和40〜49年
昭和40〜49年一覧

昭和40年7月10日

宮城県東京物産観光事務所 開設。

昭和40年7月30日

県鳥「ガン」、県獣「シカ」指定。

昭和40年7月30日

東北縦貫自動車道の建設省案成る。

昭和40年9月24日

国鉄仙台駅「みどりの窓口」開設。

昭和40年10月15日

八木山動物園開園。

昭和40年10月27日

「仙秋サンライン」開通。

昭和41年1月1日

宮城県栗駒開発推進協議会設立。

昭和41年3月1日

観光映画「冬のみやぎ」日本観光協会優秀賞入賞。

昭和41年3月15日

蔵王国定公園記念切手「お釜」発行。

昭和41年4月1日

宮城県札幌並びに名古屋物産観光事務所開設。

昭和41年4月1日

東北地方観光推進協議会設立。

昭和41年4月11日

多賀城跡並びに陸奥国分附寺跡、特別史跡に指定。

昭和41年5月20日

第3セクター、東北観光開発センター設立。

昭和41年6月1日

「みなみ東北スリーライン」宣伝開始。

昭和41年7月15日

伊達政宗公生誕四百年祭開催。

昭和41年9月30日

県木に「ケヤキ」指定。

昭和41年10月14日

宮城蔵王観光株式会社設立。

昭和41年10月29日

観光映画「奥の細道」完成。

昭和41年11月7日

椿島の「タブの木」国の天然記念物に指定。

昭和41年11月24日

栗駒山観光道路「栗駒樹海ライン」と決定。

昭和42年1月10日

名古屋東北観光案内所開設。

昭和42年1月17日

宮城県自然公園整備促進連絡協議会発足。

昭和42年3月10日

石巻工業港に第一船「越後丸」入港。

昭和42年8月8日

明治百年記念「県民の森」利府村に決定。

昭和42年9月7日

伊豆沼・内沼の鳥類およびその生息地、国の天然記念物に指定。

昭和42年9月10日

県内初の有料橋「松島福浦橋」完成。

昭和42年9月30日

「日本のふるさと」《白のイメージ》で東北を強力に宣伝開始。

昭和42年10月1日

常磐線電化完成。

昭和42年10月23日

国民宿舎「あぶくま荘」オープン。

昭和42年11月18日

土井晩翠(仙台市)、滝廉太郎(大分県竹田市)、中山晋平(長野県中野市)生地の三音楽市で三姉妹都市として縁結び。

昭和42年12月15日

金華山産金遺跡(涌谷町)国の史跡に指定。

昭和42年12月25日

青葉城址大手門の隅櫓完成。

昭和43年3月18日

大木囲貝塚(七ヶ浜町)国の史跡に指定。

昭和43年4月28日

栗駒観光開発株式会社設立。

昭和43年6月11日

県立自然公園「南三陸海岸」誕生。

昭和43年7月22日

国定公園「栗駒」誕生。

昭和43年8月1日

宮城県栗駒国定公園管理事務所開設。

昭和43年10月1日

東北本線全線の電化複線化完成。

昭和43年10月14日

国民宿舎「からくわ荘」オープン。

昭和43年10月23日

県民会館において明治百年記念式典挙行。

昭和43年11月8日

遠見塚古墳(仙台市)、雨乞のイチョウ(柴田町)国の史跡に指定。

昭和43年11月15日

栗駒国定公園開発推進協議会(宮城・岩手・山形・秋田県)発足。

昭和43年11月21日

国道48号「関山トンネル」完成。

昭和43年12月1日

国設南蔵王白石スキー場オープン。

昭和44年3月1日

「泉ヶ岳青年の家」オープン。

昭和44年3月3日

松島パークホテル全焼。

昭和44年7月15日

宮城・岩手を結ぶ唐桑トンネル開通。

昭和44年8月23日

松島湾の奇岩「材木岩」くずれる。

昭和45年1月4日

NHK大河ドラマ「樅の木は残った」放映開始。

昭和45年2月16日

宮城県大阪物産観光事務所開設。

昭和45年3月9日

長根貝塚(涌谷町)国の史跡に指定。

昭和45年4月15日

七夕(仙台市)阿波踊り(徳島市)観光姉妹都市として縁結び。

昭和45年4月22日

万国博地方自治体館前において「宮城県の日」を催し宮城県観光と物産展開催。

昭和45年5月1日

観光映画「伊達六十二万石」完成。

昭和45年5月20日

東北縦貫自動車道起工式挙行。

昭和45年5月29日

第3セクター牡鹿半島開発株式会社設立。

昭和45年6月1日

「松島野外活動センター」オープン。

昭和45年7月15日

松島の奇岩仁王島、風化と浸食を防ぐ補強工事完了。

昭和45年7月21日

仙台市博物館において「寛文事件と樅の木は残った展」開催。

昭和45年8月10日

第1回宮城県観光写真コンクール開始。

昭和45年10月1日

県民の森オープン。

昭和45年12月1日

釜房ダム完工。

昭和46年1月22日

東北・北海道唯一の「気仙沼海中公園」誕生。

昭和46年3月1日

特別名勝松島をきれいにする会発足。

昭和46年3月18日

宮城県観光審議会条例制定。

昭和46年3月22日

仙台自然休養林指定。

昭和46年4月1日

有料道路「牡鹿コバルトライン」開通。

昭和46年6月6日

仙台新港に第一船日本郵船所属「丹後丸」入港。

昭和46年6月10日

「新仙台駅」50年完成めざして構想なる。

昭和46年7月1日

国民宿舎「コバルト荘」オープン。

昭和46年8月3日

「蔵王少年自然の家」オープン。

昭和46年8月5日

初代環境庁長官に大石武一氏(宮城県選出)就任。

昭和46年8月17日

新仙台港開港式挙行。

昭和46年10月19日

仙台空港ビルオープン。

昭和46年11月15日

ブラジル、サンパウロ市で行われた「ブラジル展」に参加。

昭和47年1月15日

宮城の観光キャッチフレーズ「こけしと遊ぼう みどりと話そう みちのくみやぎ」と決定。

昭和47年3月1日

全日空東京〜仙台、仙台〜札幌間にジェット機就航。

昭和47年3月3日

金華山自然休養林指定。

昭和47年3月10日

釜房国民休養地の計画承認なる。

昭和47年3月30日

五大堂島(松島)風化と浸食を防ぐ補強工事完了。

昭和47年4月1日

東北歴史資料館49年8月オープン目指して工事着手。

昭和47年4月8日

塩釜〜鮎川間にカーフェリー(双胴船)就航。

昭和47年5月30日

宮城県長期総合計画策定。

昭和47年6月15日

観光連盟総会において観光週間に「県土美化運動宣言」。

昭和47年6月20日

栗駒国定公園記念切手「鳴子」「須川湖」発行。

昭和47年7月1日

有料道路「松島パノラマライン」開通。

昭和47年7月10日

栗駒山麓花山村に花山青少年旅行村指定。

昭和47年7月17日

栗駒山いわかがみ平に「栗駒レストハウス」オープン。

昭和47年10月11日

株式会社二口開発センター設立。

昭和47年10月26日

柴田町槻木地区自然休養村に指定。

昭和47年11月7日

蔵王山麓に「蔵王ハイツ」オープン。

昭和47年11月13日

東北自動車道岩槻〜宇都宮間オープン。

昭和48年1月1日

宮城県自然環境保全条例制定。

昭和48年1月12日

上野駅東北観光案内所開設。

昭和48年2月10日

アメリカハクチョウ伊豆沼へ飛来。

昭和48年4月1日

海のバイパス名古屋〜仙台〜苫小牧間1万トンカーフェリー就航。

昭和48年5月22日

県営宮城球場において東北初のナイター開始(ロッテ・近鉄戦)

昭和48年6月18日

泉ヶ岳山麓に「泉ヶ岳少年自然の家」オープン。 

昭和48年7月8日

藩祖伊達政宗公霊廟瑞鳳殿再建期成同盟会設立。

昭和48年7月19日

花山湖畔に「花山少年旅行村」オープン。

昭和48年8月1日

牧山有料道路オープン。

昭和48年8月6日

小野田町薬莱地区自然休養村に指定。

昭和48年8月17日

松島五大堂の五大湖王尊(重文)33年に一度の御開帳。

昭和48年10月26日

観光映画「蔵王の詩」文部省選定。

昭和48年11月24日

釜房国民休養地「釜房憩いの家」オープン。

昭和48年11月27日

東北自動車道(白石〜仙台南)オープン。

昭和48年12月12日

鬼首スキー場オープン。

昭和49年2月6日

東北の伊豆、気仙沼大島に「国民休暇村」設置決定。

昭和49年9月10日

瑞鳳殿再建起工式。

昭和49年10月7日

東北歴史資料館オープン。

昭和50〜59年
昭和50〜59年一覧

昭和50年1月21日

仙台湾自 転車道オープン。

昭和49年3月1日

国立少年自然の家誘致決定。

昭和50年4月1日

東北自動車道岩槻〜仙台南開通。

昭和50年4月1日

日本こけし館(鳴子町)オープン。

昭和50年4月1日

名取市に「宮城サイクルスポーツセンター」オープン。

昭和50年4月30日

銅製経筒など9件県文化財に指定。

昭和50年5月10日

蔵王野鳥の森オープン。

昭和49年5月14日

七ヶ宿町に青少年旅行村設置決定。

昭和50年7月17日

南蔵王青少年旅行村オープン。

昭和50年10月10日

大和町に「宮城厚生年金スポーツセンター」オープン。

昭和50年11月28日

東北自動車道仙台南〜泉開通。

昭和51年7月1日

空路・仙台〜大阪便就航。

昭和51年8月1日

瑞鳳殿再建、一般公開。

昭和51年10月1日

北へ向かってキャンペーンを実施、東北新幹線時代に対応する「東北の観光」を強力に宣伝、誘客促進を図る。

昭和51年11月12日

青少年の森、利府町にオープン。

昭和51年12月8日

海洋青年の家が志津川町にオープン。

昭和51年12月9日

東北自動車道、泉〜古川開通。

昭和52年4月1日

牡鹿フィッシングセンターオープン。

昭和52年4月1日

仙台港フェリー埠頭供用開始。

昭和52年4月1日

奥松島パークライン命名。

昭和52年4月25日

空路・仙台〜名古屋便就航。

昭和52年6月4日

柴田町に「太陽の村」オープン。

昭和52年7月5日

宮城勤労いこいの村(栗駒)オープン。

昭和52年11月11日

後烏帽子スキー場建設事業決定。

昭和52年11月15日

東北自動車道、古川〜築館開通。

昭和52年12月11日

気仙沼線全線開通。

昭和52年12月15日

新仙台駅開業。

昭和53年3月1日

空路・仙台〜福岡便就航。

昭和53年5月20日

仙台西道路「青葉山トンネル」貫通。

昭和53年6月1日

空路・仙台〜名古屋便就航。

昭和53年6月12日

宮城県沖地震。

昭和53年7月24日

宮城県新長期総合計画策定。

昭和53年10月19日

湯沢、築館、志津川線開通。

昭和53年10月20日

薬莱野外趣味活動センターオープン。

昭和53年11月2日

気仙沼大島国民休暇村オープン。

昭和53年12月2日

東北自動車道、築館〜一関開通(岩槻〜盛岡間全通)

昭和54年3月30日

「南三陸金華山国定公園」誕生。

昭和54年4月19日

仙台空港から香港に国際チャーター便(全日空)就航。

昭和54年7月1日

国立花山少年自然の家オープン。

昭和54年7月20日

日和山大橋有料道路開通。(石巻市)

昭和54年10月26日

硯上山万石浦県立自然公園指定。

昭和54年12月15日

えぼしスキー場オープン。

昭和55年5月30日

漆沢ダム完成。

昭和55年7月10日

牡鹿町網地島に離島総合開発センターオープン。

昭和55年8月1日

全日空が仙台〜沖縄間航空路線開設。

昭和55年10月1日

県立都市公園矢本海浜緑地オープン。

昭和55年10月29日

東北新幹線仙台〜盛岡間のレールが接続。

昭和55年11月1日

東北新幹線新古川駅舎完成。

昭和55年12月17日

「青葉かおるみやぎ路」観光キャッチフレーズを決定。

昭和55年12月24日

国鉄、東北新幹線の開業を57年春に大宮暫定始発と決定。

昭和56年1月13日

東北新幹線「ひかり」の営業車両で試運転開始。

昭和56年2月1日

仙台南有料道路開通。

昭和56年2月14日

運輸省、仙台の地下鉄の工事施工を認可。

昭和56年4月1日

県原子力センターオープン。

昭和56年4月15日

宮城・山形、両県を最短ルートで直結する国道286号線の笹谷トンネル(3,385m)が開通。

昭和56年6月5日

旧登米尋常高等小学校重要文化財指定。

昭和56年6月20日

亘理大橋開通。

昭和56年6月22日

「伝統こけし」伝統工芸品に指定。

昭和56年8月24日

日本道路公団、仙台建設局が東北横断自動車道酒田線の宮城県村田町〜山形間の路線を発表。総延長30.6・。

昭和56年11月3日

県美術館オープン。

昭和56年11月19日

新阿武隈橋開通。

昭和57年3月29日

東北自動車道「若柳・金成」インター開始。

昭和57年4月17日

柴田大橋開通。

昭和57年6月23日

東北新幹線”大宮〜盛岡”間が開通し、沿線地で記念の式典や出発式が行われた。

昭和57年6月25日

第1回地場産業デザインコンクール開催(〜30日)。

昭和57年8月2日

第8回日本ジャンボリーが南蔵王で開催(〜6日)。

昭和57年8月19日

建設省が第9次道路整備5ヶ年計画(58〜62年)を発表、東北自動車道は62年度までの全線開通の見通しとなる。

昭和57年8月23日

岩切城跡、国の史跡に指定。

昭和57年10月2日

仙台松島有料道路開通。

昭和58年2月26日

西ドイツフランクフルトメッセに県産品出展。(〜3月2日)

昭和58年5月14日

国道48号線仙台西道路(青葉山、川内トンネル)開通。

昭和58年9月22日

東北新幹線のスピードアップ、試験で試験車両が最高時速240・を記録。

昭和58年10月20日

矢本海浜緑地完工植樹式。

昭和58年11月1日

七ヶ宿ダム起工。

昭和58年11月24日

高舘いこいの森(名取市)オープン。

昭和59年4月1日

ふるさとプラザ(古川市)オープン。

昭和59年4月3日

丸森線を国鉄に代わって経営する第3セクター「阿武隈急行株式会社」が地方鉄道として正式に発足。

昭和59年4月17日

伊豆沼、野鳥観察館オープン。

昭和59年5月1日

蔵王町伝統産業会館オープン。

昭和59年7月7日

唐桑半島ビジターセンターオープン。

昭和59年7月16日

民間ユネスコ運動世界大会開催(〜17日)。

昭和59年7月25日

常陸宮殿下、常陸宮妃殿下を迎え第26回自然公園大会(気仙沼、唐桑)開催(〜26日)。

昭和59年7月30日

仙台〜小松間航空路開設。

昭和59年8月3日

新県庁舎起工。

昭和59年10月15日

国営みちのく杜の湖畔公園起工。

昭和59年10月25日

七北田ダム竣工。

昭和59年10月15日

県環境美化条例公布。

昭和60〜63年
昭和60〜63年一覧

昭和60年1月9日

東北新幹線、開通区間   上野〜大宮間(27.5・)のレール敷設完了。

昭和60年3月5日

仙台市テレトピア構想モデルに準じた整備推進地域に指定。

昭和60年3月8日

東北六県共同で推進する観光キャンペーン「丸ごと自然 - 東北」行事240種発表。

昭和60年3月14日

東北新幹線上野駅開業。

昭和60年4月1日

62年開催の「未来の東北博覧会」協議会発足。

昭和60年5月2日

陸中海岸国立公園指定30周年記念式典開催。

昭和60年5月2日

「雄勝硯」伝統工芸品指定。

昭和60年5月19日

「みやぎ北上連邦」発足。

昭和60年7月15日

エコーライン無料開放。

昭和60年8月10日

国民年金保養センター「みちのく路」落成。

昭和60年9月13日

伊豆沼・内沼ラムサール条約に登録。

昭和60年12月14日

町営七ヶ宿スキー場オープン。

昭和61年2月19日

国道398号線釜谷トンネル開通(雄勝町〜河北町)。

昭和61年3月24日

仙台松島国際観光モデル地区指定(仙台市、塩釜市、多賀城市、秋保町、松島町、七ヶ浜町、宮城町、利府町、鳴瀬町)。

昭和61年3月30日

宮城県観光基本計画策定。

昭和61年6月30日

東北自動車道「十和田〜碇ヶ関」間28.1・が開通。浦和〜青森675・が開通。

昭和61年7月1日

第三セクター阿武隈急行、丸森〜槻木間17.4・で営業開始。

昭和61年8月1日

「青葉かおるみやぎ路キャプテンシステム」スタート。

昭和61年8月2日

第9回日本ジャンボリーが南蔵王で開催(〜6日)。

昭和61年8月23日

第三次宮城県長期総合計画策定。

昭和61年9月27日

三陸縦貫道利府中〜松島大郷間開通

昭和62年1月6日

NHKドラマ「独眼竜政宗」放映開始。

昭和62年1月6日

(財)仙台コンベンションビューロー設立。

昭和62年3月30日

蔵王リゾート地区基本計画策定。

昭和62年4月1日

東日本旅客鉄道(株)開業。

昭和62年7月1日

青葉かおるみやぎ路観光キャンペーン・オープニングセレモニー開催。

昭和62年7月15日

「青葉かおる宮城路 i マークシステム」スタート。

昭和62年7月15日

仙台市営地下鉄開通(八乙女〜富沢間13.6・)

昭和62年7月18日

87未来の東北博覧会仙台港地区で開催(〜9月28日)。

昭和62年7月31日

国立南蔵王青少年野営場開場。

昭和62年10月30日

栗駒山麓リゾート地域整備推進協議会発足。

昭和63年4月8日

秋保工芸の里オープン。

昭和63年4月27日

日光・会津若松・松島国際観光推進協議会設立

昭和63年7月1日

阿武隈急行全線(槻木〜東福島)開業。

昭和63年8月4日

岩沼亘理地区阿武隈川一周サイクリング道路開通。

昭和63年10月13日

山形自動車道・村田 - 宮城川崎間開通。

昭和63年11月22日

阿武隈渓谷県立自然公園指定。

平成1〜9年
平成1〜9年一覧

平成1年1月27日

宮城 県伊豆沼・内沼環境保全財団設立(若柳町)。

平成1年4月29日

大衡村に昭和万葉の森開園。

平成1年5月31日

県庁新行政庁舎完成。

平成1年6月26日

宮城・山形観光立県推進地方会議開催(〜27日、松島町)

平成1年7月29日

89グリーンフェアせんだい開催(〜10月16日)。

平成1年8月4日

川崎町に国営みちのく杜の湖畔公園「文化と水のゾーン」開園。

平成1年9月4日

日韓航空当局間協議で仙台〜ソウル・釜山定期便開設決定。

平成2年3月10日

東北新幹線くりこま高原駅開業式。

平成2年3月29日

栗駒・船形リフレッシュリゾート整備基本構想承認。

平成2年4月6日

仙台〜ソウル国際定期便就航式。

平成2年6月1日

佐藤忠良記念館会館。

平成2年7月9日

仙台〜グアム・サイパン国際定期便就航式。

平成2年7月31日

平成2年度全国高等学校総合体育大会開催(〜8月20日)。

平成2年10月4日

山形自動車道宮城川崎・笹谷間開通式。

平成3年1月6日

伊豆沼サンクチュアリセンター開館。

平成3年6月20日

東北新幹線東京駅乗り入れ。

平成3年8月20日

岩沼海浜緑地公園一部開園。

平成3年10月22日

七ヶ宿ダム竣工式。

平成3年10月29日

仙台〜シンガポール国際定期便就航式。

平成3年12月2日

国際定期便仙台〜釜山・済洲島(韓国)便就航。

平成4年4月17日

慶長遣欧使節船サン・ファン・バウティスタ号建造起工式。

平成4年6月13日

仙台港中央公園開園。

平成4年7月20日

第7回「海の祭典」記念式典。

平成4年8月27日

米国デラウェア州で「宮城県紹介展」開催(〜30日)。

平成4年10月25日

仙台〜広島定期就航便就航。

平成4年10月31日

第4回全国生涯学習フェスティバル開催(〜11月4日)。

平成4年12月1日

韓国・ソウルに県海外事務所設置。

平成4年12月18日

仙台空港2,500m滑走路使用開始。

平成4年12月26日

空路仙台〜札幌間ダブルトラック化。

平成5年3月25日

三陸縦貫道松島北〜鳴瀬奥松島間開通。

平成5年5月22日

慶長遣欧使節船サン・ファン・バウティスタ号進水式。

平成5年5月26日

森林科学館開館。

平成5年7月2日

明治潜穴公園開園。

平成5年7月30日

宮城県総合計画決定。

平成5年7月30日

新・宮城県環境影響評価要項制定。

平成5年10月9日

慶長遣欧使節船完成記念「サン・ファン・バウティスタ号フェスティバル」開催(〜11月7日)。

平成5年11月10日

ドイツ・ザールランド州で「宮城県観光展」開催。

平成5年12月15日

仙台〜香港国際定期便就航式。

平成6年3月30日

仙台東部道路(仙台空港〜仙台東)開通。

平成6年4月1日

「平成奥の細道 みやぎ路紀行」キャンペーンスタート。

平成6年4月25日

仙台〜岡山便就航。

平成6年4月26日

仙台〜高松便就航。

平成6年4月27日

蔵王野鳥の森自然観察センター「ことりはうす」開館。

平成6年9月9日

仙台〜大連・北京便就航。

平成6年9月24日

登米祝祭劇場(迫町)オープン。

平成6年10月9日

村田町歴史みらい館オープン。

平成6年10月25日

リアスアーク美術館(気仙沼市)オープン。

平成6年11月9日

仙台〜ハワイ便就航。

平成7年4月1日

栗原電鉄「くりはら田園鉄道(レールバス)」として再スタート。

平成7年4月1日

チャチャワールドいしこしオープン。

平成7年4月20日

牡鹿家族旅行村オープン。

平成7年5月3日

白石城復元オープン。

平成7年7月27日

仙台東部道路岩沼〜仙台空港間開通。

平成7年10月1日

簡易型携帯電話(PHS)サービス開始。

平成7年10月6日

みやぎ産業交流センター「夢メッセみやぎ」オープン。

平成7年11月3日

仙台〜鹿児島便就航。

平成7年11月11日

宮城県総合運動公園総合プール「グランディ21プール」オープン。

平成8年3月1日

仙台空港新国際ターミナルオープン。

平成8年4月20日

神割崎オートキャンプ場オープン。

平成8年5月9日

県南地域対象に「宮城おとぎ街道」ディスティネーションキャンペーン開始。

平成8年7月1日

仙台〜帯広便就航。

平成8年7月12日

新蔵王レストハウスオープン。

平成8年7月19日

仙台〜女満別便就航。

平成8年7月20日

仙台〜松本便就航。

平成8年7月21日

仙台〜釧路便就航。

平成8年8月8日

国道108号線「鬼首道路」(13.7km)開通。

平成8年8月10日

サン・ファン・バウティスタパークオープン。

平成8年8月10日

花山村温湯山荘オープン(改築)。

平成8年8月11日

宮城県北部地震。

平成8年9月1日

仙台〜松山便就航。

平成8年10月1日

仙台〜函館便就航(再開)

平成8年10月1日

仙台〜旭川便就航。

平成8年11月1日

仙台〜新潟便就航。

平成8年12月25日

日韓共催平成14年ワールドカップサッカー開催地に選定。

平成9年3月27日

三陸縦貫道利府中〜仙台港北間開通

平成9年4月1日

宮城大学大和町に開学。

平成9年4月12日

宮城県総合運動公園総合体育館(グランディ21)利府町にオープン。

平成9年4月30日

石巻・気仙沼本吉地域対象に「黄金海道」ディスティネーションキャンペーン開始。

平成9年6月18日

外国人観光旅客の旅行の容易化等の促進による国際観光の振興に関する法律公布・施行

「国際観光モデル地区」から「国際観光テーマ地区」の整備推進へ移行

平成9年7月11日

仙台空港新旅客ターミナルビル開業。

平成9年7月19日

夢メッセみやぎを主会場に「国際ゆめ交流博覧会」開催(〜9月29日)。

平成9年7月28日

インターネットホームページで観光情報提供開始。

平成10〜19年
平成10〜19年一覧

平成10年3月20日

「観 光立県行動計画」策定

平成10年3月20日

三陸縦貫道鳴瀬奥松島〜石巻河南間開通

平成10年3月26日

仙台空港3000m滑走路供用開始。

平成10年3月29日

仙台〜上海・北京国際定期便就航。

平成10年5月15日

大崎・栗原・登米地域対象に「宮城ろまん街道」ディスティネーションキャンペーン開始。

平成10年5月21日

日光・会津若松・松島国際観光推進協議会へ山形県が加わり,栃木・福島・宮城・山形国際観光推進協議会へ移行

平成10年6月3日

蔵王観光開発協議会と蔵王をきれいにする会合併。

平成10年11月5日

東北六県共同で観光立国宣言。

平成11年4月1日

吹上高原センターハウスオープン。

平成11年4月1日

機構改革により商工労働部観光課から産業経済部観光課へ部局再編。

平成11年6月17日

第37回日本産業映画・ビデオコンクールにて「旅たび宮城へ」奨励賞受賞。

平成11年8月4日

仙台松島国際観光モデル地区協議会から白石市、蔵王町加わり宮城県国際観光テーマ地区協議会へ移行。

平成11年8月20日

「外客来訪促進計画」(宮城、山形、福島、栃木)運輸省同意。

平成11年8月26日

栃木・福島・宮城・山形国際観光推進協議会から外客来訪促進計画に基づき,栃木・南東北国際観光テーマ地区推進協議会へ移行

平成11年9月11日

‘99江原道国際観光博覧会(韓国)出展(〜10月30日)。

平成11年12月12日

新観光キャッチフレーズ「スマイルあったか宮城」&シンボルマーク発表式。

平成12年1月1日

観光情報データベース稼働。

平成12年3月6日

宮城県松島公園管理事務所が新事務所へ移転

平成12年3月18日

仙台港国際ビジネスサポートセンターオープン

平成12年3月31日

観光誘導標識マニュアル策定

平成12年10月1日

仙台〜大阪(関西)にフェアリンク就航

平成12年11月1日

東北地方国際観光推進協議会設立

平成12年11月6日

第1回宮城県産業振興審議会開催

平成13年4月20日

石巻市が(社)日本観光協会より第8回優秀観光地づくり賞を受賞

平成13年6月8日

日本観光ポスターコンクールで「スマイルあったか宮城(5枚組)」((社)宮城県観光連盟)が銀賞を受賞し、「みやぎの四季」(宮城県観光課)が入選

平成13年8月

仙台東部道路、南部道路開通

平成13年7月21日

石巻市に「石ノ森萬画館」オープン

平成13年9月8〜11日

「新世紀・みやぎ国体」夏季大会

平成13年10月13〜18日

「新世紀・みやぎ国体」秋季大会

平成13年10月27〜29日

第1回全国障害者スポーツ大会

平成13年11月1日

北海道エアシステムが函館線の季節(翌年3月まで)運行開始

平成14年3月31日

中国北方航空長春に定期チャーター便(週2便)運行開始

平成14年4月1日

「みやぎデジタルフォトライブラリー」運用開始

平成14年4月18日

フェアリンク成田線運航開始

平成14年4月27日

気仙沼に「氷の水族館」オープン

平成14年5月17〜20日

国際青年会議所アジア太平洋会議仙台大会

平成14年

6月9日、12日、18日

「2002FIFAワールドカップTM宮城」開催

平成14年12月1日

東北新幹線八戸延伸開業

平成14年8月30日〜31日

地域づくり団体全国研修交流会宮城大会開催

平成15年2月27日

仙台・長春間に定期便就航

平成15年4月23日

せんだい・宮城フィルムコミッション設立

平成15年5月26日

三陸南地震発生

平成15年7月19日

みやぎ寿司海道スタート

平成15年7月26日

宮城県北部連続地震発生

平成16年7月16日

宮城県メールマガジン「メルマガ・みやぎ」創刊

平成16年9月1日

仙台・台北便就航

平成16年11月2日

プロ野球新球団が宮城・仙台に設立決定

平成16年11月21日〜22日

全国グリーン・ツーリズムネットワークみやぎ鳴子大会

平成17年7月9日

宮城ふるさとプラザ「コ・コ・みやぎ」池袋にオープン

平成17年11月5日

bjリーグ開幕 プロバスケットボールチームが仙台に誕生

平成17年11月8日

蕪栗沼・周辺水田 ラムサール条約に登録

平成18年2月21日

仙台・宮城デスティネーションキャンペーン開催決定

平成18年2月24日

トリノオリンピック女子フィギュアスケートで荒川静香さんが金メダルを獲得

平成18年11月17日

仙台・宮城デスティネーションキャンペーン推進協議会設立

平成18年12月4日

みやぎ観光戦略プラン策定

平成19年3月29日

外客来訪促進計画変更(栃木県,福島県,宮城県,山形県)の国土交通大臣同意

平成19年4月1日

みやぎ地域づくり観光戦略事業開始

平成19年5月28日

宮城県国際観光テーマ地区推進協議会に大崎市が加入

平成19年6月7日

東北観光推進機構発足

平成19年7月24日

みやぎ地域づくり観光応援団設立

平成19年8月20日〜10月10日

観光レシピ公募

平成19年10月1日〜12月31日

仙台・宮城デスティネーションキャンペーンプレキャンペーン開催

平成19年11月21日

観光レシピ表彰式

平成19年12月30日

仙台・広州便就航

平成20〜
平成20〜一覧

平成20年2月19日

みやぎ 当方見聞ログ開始

平成20年3月25日

みやぎ観光コンシェルジュ21名に委嘱

平成20年3月28日

外客来訪促進計画変更(栃木県,福島県,宮城県,山形県)の国土交通大臣同意

平成20年6月12日

宮城県沖地震から30年

平成20年6月14日

岩手・宮城内陸地震発生

平成20年8月1日

みやぎ観光コンシェルジュがすすめる観光レシピ公表

平成20年8月22日

観光副読本「みやぎで観光を学ぼう 観光のススメ」作成

平成20年10月1日〜12月31日

仙台・宮城デスティネーションキャンペーン開催

平成20年10月30日

化女沼(大崎市) ラムサール条約に登録

平成20年12月26日

仙台・宮城デスティネーションキャンペーンファイナルイベント開催

平成21年3月23日

仙台・宮城デスティネーションキャンペーン推進協議会解散

平成21年3月23日

仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会設立

平成21年10月1日〜12月31日

仙台・宮城「伊達な旅」キャンペーン開催

平成21年3月20日

みやぎ地域づくり観光応援団が応援してきた「あじ島冒険楽校」が「こころを育む総合フォーラム北海道・東北ブロック大賞(優秀賞)」(パナソニック教育財団主催)を受賞

平成21年3月22日

三陸自動車道 桃生津山インターチェンジ〜登米インターチェンジ間開通

平成21年7月17日

楽天市場内に宮城の情報ウェブページ「伊っ達(だって)みやぎ!!」開設

平成21年9月1日

気仙沼市と本吉町が合併し、新「気仙沼市」がスタート

平成21年9月12日

常磐自動車道 亘理インターチェンジ〜山元インターチェンジ間開通

平成21年9月18日

東北自動車道 三本木スマートインターチェンジが供用開始

平成21年9月30日

ユネスコの無形文化遺産に「秋保の田植踊」の登録が決定

平成21年10月3日

楽天イーグルスがクライマックスシリーズ進出

平成21年10月8日

台風18号による被害が県内各地で発生

平成21年11月13日

みやぎ地域づくり観光応援団が応援してきた「あじ朗志組(網地島ふるさと楽好)」が「子どもへの暴力防止プロジェクト」(朝日新聞厚生文化事業団主催)に選定される

平成21年11月8日

ベガルタ仙台がJ1昇格

平成22年1月30日

みやぎ地域づくり観光応援団が応援してきた「あじ島冒険楽校」が「安藤百福賞(最優秀賞)」(安藤スポーツ・食文化振興財団主催)を受賞

平成22年3月22日

三陸自動車道 登米インターチェンジ〜登米東和インターチェンジ間開通

平成22年3月26日

みやぎ地域づくり観光応援団成果報告会開催・みやぎ地域づくり観光応援団解散

平成22年3月27日

仙台北部道路利府しらかし台インターチェンジ〜東北自動車道富谷ジャンクション間開通