ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

No.0214 五大堂(松島町)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月10日更新
M00711

【写真タイトル】

五大堂

Godaido

 

【説明】

坂上田村麻呂創建と伝えられる松島最古の文化遺構。

方三間、屋根宝形造、本瓦葺である。国の重要文化財。

This temple, Matsushima's oldest remaining Momoyama period structure,

is said to be originally built by Sakanoue Tamuramaro.

A Buddhist structure, it was built in the Hosangen style using a total of

twelve columns and a pyramidal roof tiled in the Hongawarabuki style,

in which round and square tiles are put down in an alternating pattern.

The hall is designated as a property of national cultural importance.

 

「ご利用ガイド」をご覧いただいてから、ご使用願います。

※画像の下部等に「写真提供:宮城県観光課」と掲載してご利用下さい。

※公序良俗に反したり、被写体のイメージを著しく損なうような加工はお控え下さい。

※宮城県は、画像のデータ及び文字情報の内容について著作権、使用を許可する

 権利を有しており、提供に当たって著作権を放棄するものではございませんので、

 画像の二次利用はお控え下さい。

※韓国語・繁体字・簡体字のタイトルや説明文が必要な場合は、下記連絡先まで

 メールまたは電話でお問い合わせ下さい。