ここから本文です。

感染の可能性がある場合

令和4年7月22日付け厚生労働省事務連絡により、濃厚接触者の待機期間が一律で短縮されました。

現在濃厚接触者として待機されている方も、待機期間が7日間→5日間に短縮となります。

下記に記載の待機期間は7日間→5日間に読み替え、健康観察期間は10日間→7日間に読み替えてください。

B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について(令和4年7月22日一部改正)(PDF:563KB)

陽性者との接触で感染した可能性がある場合の対応

陽性者との接触歴がある方

  • 宮城県では現在、感染者急増に伴い積極的疫学調査を重点化し、重症化リスクの高い医療機関、高齢者施設、障害者施設への調査を中心に調査を実施しています。
  • 症状が出現した濃厚接触者の方は、こちら(新型コロナウイルス感染症に係る医療機関への受診について)をご覧ください。
  • 濃厚接触者に該当するかについては、ご自身で下記のフロー図にてご確認ください。
  • 健康観察期間の留意事項や健康観察終了日についても,フロー図にて併せてご確認ください。

案内資料「知人が陽性になった場合」(PDF:584KB)

03-1

案内資料「職場で陽性者が発生した場合」(PDF:611KB)

04

症状出現等により、医療機関や受診・相談センターに相談する場合、「濃厚接触があった」ことをお話しください。

濃厚接触者の健康観察期間中の過ごし方については、濃厚接触者の方へのお願いをご覧ください。

発熱等の症状がある方

【よくあるお問い合わせ】

【お問い合わせ先】

宮城県疾病・感染症対策課感染症対策班

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は