ここから本文です。

濃厚接触者の方へのお願い

令和4年7月22日付け厚生労働省事務連絡により、濃厚接触者の待機期間が一律で短縮されました。

現在濃厚接触者として待機されている方も、待機期間が7日間→5日間に短縮となります。

待機期間短縮の可否について、保健所への電話確認は必要ありません。

なお、待機期間終了後も、7日間が経過するまでは、健康状態の確認や、 高齢者や基礎疾患を有する者等感染した場合に重症化リスクの高い方 (以下「ハイリスク者」という。)との接触やハイリスク者が多く入所・入院する高齢者・障害児者施設や医療機関への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスク着用等の感染対策へのご協力をお願いします。

濃厚接触者とは

待機期間について

待機期間中の過ごし方

濃厚接触者の待機期間の短縮について

濃厚接触者である同居家族等の待機期間について

職場・学校等の施設管理者から濃厚接触者として特定された場合

知人から陽性判明の連絡を受けた場合

陽性者ご本人が自宅にて療養されている場合、同居者やご本人に注意いただきたいこと

外出自粛期間中の避難について

休業支援金・給付金の申請について

濃厚接触者とは

陽性者の同居家族の方や、保健所・施設管理者から濃厚接触者といわれた方等は、新型コロナウイルス感染症陽性患者と接触があった日から5日間の外出自粛と7日間のご自身による検温等の健康状態確認、感染予防対策をお願いします。

「濃厚接触者」とは

陽性者の感染可能期間内(発症日の2日前から、診断後に隔離開始されるまでの間)に陽性者と接触した者のうち、次の範囲に該当する方を言います。

  • 患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった方
  • 手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、マスクなどの必要な感染予防策なしで、「患者」と15分以上の接触があった方(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)
  • 適切な感染防護無しに患者を診察、看護若しくは介護していた方
  • 患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方

(国立感染症研究所「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領」より)

待機期間について

令和4年7月22日付け厚生労働省事務連絡により、待機期間が短縮されました。

現在濃厚接触者として待機されている方も、待機期間が7日間→5日間に短縮となります。

待機期間短縮の可否について、保健所への電話確認は必要ありません。

当初7日間の待機指示があった方においても、各自で待機期間を5日間に短縮していただくようお願いします。

待機期間終了後も、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、 高齢者 や基礎疾患を有する者等感染した場合に重症化リスクの高い方 (以下「ハイリスク者」という。)との接触やハイリスク者が多く入所・入院する高齢者・障害児者施設や医療機関への不要不急の訪問、 感染リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスク着用等の感染対策をお願いします。

検査による濃厚接触者の待機期間の短縮について

こちら(濃厚接触者の待機期間の短縮について)をご確認ください。

濃厚接触者である同居家族等の待機期間について

こちら(濃厚接触者である同居家族等の待機期間について)をご確認ください。

待機期間の過ごし方

(1)原則外出を自粛すること。

(2)高齢者や基礎疾患を有する者等、感染した場合に重症化リスクの高い方との接触を避けること。

(3)ハイリスク者が多く入所・入院する高齢者・障害児者施設への不要不急の訪問を避けること。

(4)医療機関への不要不急の訪問(受診を除く)を避けること。

(5)感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること。

(6)マスク等の感染対策を実施すること。

(7)外出はできるだけ避け、かかりつけ医等への受診を予定していた場合は、受診前に電話で相談してください。 

職場・学校等の施設管理者から濃厚接触者として特定された場合

  • 職場・学校等で陽性者が発生し、感染拡大リスクが高いと判断された場合等においては、施設管理者が積極的疫学調査を行い、濃厚接触者として特定される場合があります。
  • 濃厚接触者として特定された場合、施設管理者の指示に従って、指示があった期間中、外出自粛・健康観察を行ってください。
  • 期間中は、こちら(待機期間の過ごし方)を参考にお過ごしください。

知人から陽性判明の連絡を受けた場合

  • 知人から陽性判明の連絡を受けた場合、最終接触日を0日目として5日間程度が経過するまでは、こちら(待機期間の過ごし方)を参考にお過ごしください。

陽性者ご本人が自宅にて療養されている場合、同居者やご本人に注意いただきたいこと

自宅療養中の過ごし方については、こちら(自宅にて療養・入所待機される方へ)をご覧ください。

参考 家庭内での感染予防対策~8つのポイント~

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~(厚生労働省ページへリンク)

参考 自宅療養ハンドブック

「新型コロナウイルス感染症~感染予防ハンドブック自宅療養をする方へ・同居の方へ(東北医科薬科大学病院ページへリンク)

感染予防のために家庭でできる具体策をまとめたハンドブックが東北医科薬科大学病院で公開されています。

待機期間中の避難について

災害時の対応についてをご覧ください。

休業支援金・給付金の申請について

新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対し、厚生労働省から直接支給されます。

職場内や、家庭内など職場外において濃厚接触者となった場合で、職場における感染拡大防止の観点から事業者に自宅待機等の休業をさせた場合(事業主の指示による休業の場合)にも対象となります。

詳しい申請方法については,新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(外部サイトへリンク)をご覧ください。

相談受付については下記のコールセンターをご利用ください。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター

電話番号0120-221-276

月~金午前8時30分~午後8時00分/土日祝午前8時30分~午後5時15分

 

【よくあるお問い合わせ】

【お問い合わせ先】

宮城県疾病・感染症対策課感染症対策班

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は