ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ新型コロナウイルス感染症対策サイト新型コロナウイルス感染症対策支援チャットサービスについて
一般の方向け情報(相談窓口)
事業者等向け情報(相談窓口)
宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部

新型コロナウイルス感染症対策支援チャットサービスについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月24日更新

新型コロナウイルス感染症対策支援チャットサービスについて


県は,新型コロナウイルス感染症患者の接触者の健康観察を目的に,東北大学小坂(おさか) 健(けん)教授と富士通株式会社(本社:東京都港区,代表取締役社長:時田隆仁)が共同で開発した健康観察システム「新型コロナウイルス感染症対策支援チャットサービス」を利用します。

このシステムにより,国立感染症研究所が示す健康観察内容を接触者自身がアプリに入力することで一元的に状況を把握することができます。

システムの名称
新型コロナウイルス感染症対策支援チャットサービス「CHORDSHIP(コードシップ)」

新型コロナウイルス感染症対策支援チャットサービスについて [PDFファイル/389KB]



 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)