ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「新しい原料原産地表示制度研修会」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月10日更新

「新しい原料原産地表示制度」研修会を開催します!

 全ての加工食品に原料原産地表示を義務づける「新しい原料原産地表示制度」(平成29年9月改正・施行)の経過措置期間が令和4年3月31日をもって満了します。
 食品関連事業者の皆さま,新しい制度に基づく表示への切り替えはお済みでしょうか。

 このたび県では,食品関連事業者を対象とした「新しい原料原産地表示制度研修会」をオンライン形式で開催します。
 ぜひご参加ください!
 

開催内容

  開催チラシ(参加申込書)はこちら → 開催チラシ [PDFファイル/438KB]

  ※研修会の詳細については開催チラシをご確認ください。

開催日時

  令和3年11月1日(月曜日) 午後1時30分から午後4時まで
  ※午後1時から接続可能とします。

対象者

  県内の食品関連事業者(食品表示に関わる事業者)

開催方法

  オンライン形式(使用ツール:Cisco Webex Meetings)

内容

  「新しい原料原産地表示制度について」

    講師  消費者庁食品表示企画課 担当官

定員

  50名
  ※定員になり次第締め切る場合があります。
  ※複数の方が端末1台を共有して視聴いただく場合は,代表者1名のみお申込みください。

申込方法

  開催チラシ裏面の参加申込書により,令和3年10月21日(木曜日)までにFAX,電子メール,郵送にてお申込みください。

   参加申込書(チラシ裏面) [Wordファイル/43KB]

 
 【申込先】
  宮城県環境生活部食と暮らしの安全推進課 食品企画班あて
  TEL:022-211-2643  FAX:022-211-2698
  E-mail:syokua@pref.miyagi.lg.jp

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)