ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴令和元年度第5回宮城県民間資金等活用事業検討委員会を開催します(行政経営推進課)

令和元年度第5回宮城県民間資金等活用事業検討委員会を開催します(行政経営推進課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月13日更新
このリリースの担当課(所)

記者発表資料
令和2年2月13日
総務部行政経営推進課
担当:木村
内線:2239

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

担当課

   

令和元年度第5回宮城県民間資金等活用事業検討委員会を開催します

 県が導入を目指している「宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)」の特定事業の選定※(案),募集要項(案)及び優先交渉権者選定基準(案)等についての審議を行うため,令和元年度第5回宮城県民間資金等活用事業検討委員会を下記のとおり開催します。

1 日時

 令和2年2月18日(火曜日)午後1時から午後4時まで

2 場所

 宮城県行政庁舎9階 第一会議室

3 議事

 (1) 宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)に係る特定事業の選定(案)について

  (2) 宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)に係る募集要項(案)及び優先交渉権者選定基準(案)について

 (3) 宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)に係る基本協定書(案)及び実施契約書(案)について

 (4) 宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)に係る要求水準書(案)及びモニタリング基本計画書(案)について

 (5)  その他

4 委員

 宮城県民間資金等活用事業検討委員会委員名簿 [PDFファイル/500KB]

5 その他

・昨年度開催した本事案に係る第1回目の委員会の際に,第2回目以降の審議については,本事業に係る意思形成に関する情報や民間事業者のノウハウに関する情報等を取り扱うこととなり,民間事業者の事業活動に影響を及ぼす可能性があること,民間事業者の選定に当たり,選定の公正・円滑な執行に支障が生ずる可能性があることから,原則非公開とすることとなりました。このため,委員会の議事は非公開で審議することとし,撮影は議事に入る前(委員長挨拶)までとなります。

・囲み取材については,委員会終了後に委員長が対応しますので,希望される場合は午後4時頃まで会場にお越しください(囲み取材開始時間の伝達方法は,頭撮りの後に調整させていただきます)。

※審議の状況により,会議時間が前後する場合もありますので,予め,御了承ください。

・令和元年度は,みやぎ型管理運営方式について5回程度の開催を予定しています。


※宮城県民間資金等活用事業検討委員会とは

 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(平成十一年法律第百十七号。以下「PFI法」という。)に基づく重要事項を調査審議するため,県が設置する外部有識者等で構成する委員会。

 現在,本委員会において審議中の案件は,「宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)」である。PFIに精通した有識者のほか,会計,法律,金融,水道,下水道の専門家が,それぞれの専門の立場から上工下水道事業へのコンセッション方式の導入に向けて,PFI法に基づき調査審議を行う。

※宮城県民間資金等活用事業検討委員会の概要は,以下のサイトを参照願います。

http://www.pref.miyagi.jp/site/gyoukaku/pfi-iinkai.html

※特定事業の選定とは

 PFI法第7条に基づく手続きで,実施方針に基づき,PFI事業として実施することが適切である事業を選定すること。
 PFI事業として実施することにより公共施設の整備・運営等が効率的かつ効果的に実施できることを基準に選定する。


※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

担当課への連絡

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)