ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業グリーン・ツーリズム農山漁村交流拡大プラットフォーム地域フィールドワーク視察のお知らせ

農山漁村交流拡大プラットフォーム地域フィールドワーク視察のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月24日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

令和2年6月24日

農山漁村なりわい課

担当:二階堂 日影

電話:022-211-2866

 

「農山漁村交流拡大プラットフォーム」地域フィールドワーク視察のお知らせ

県では,農泊や体験プログラムなどを提供する事業者や団体,農林漁業者,さらには県内外の企業,団体,個人等を結ぶネットワークを構築する「農山漁村交流拡大プラットフォーム」を設立しました。プラットフォームの活動の一環として,都市部企業との連携による関係人口の創出を図るため,県内地域におけるフィールドワーク視察を実施します。

1 目  的  

農山漁村交流拡大プラットフォームに参画する地域において,農山漁村地域での企業研修や地域活動に関心のある首都圏企業研修担当者等に現地を視察していただき,企業研修の実施場所としての可能性を探り,企業と連携した農山漁村の活性化や関係人口創出につなげていくもの。

 農山漁村交流拡大プラットフォーム

   https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/nariwai/platformstart.html

2 日  時  令和2年6月27日土曜日から29日月曜日

    ※詳細なスケジュールは「5 内容」を参照

3 主な参加者 首都圏企業研修担当者等(3社4名),地域住民,市町村職員,県職員等

4 実施地域  柴田町,登米市,女川町

5 内  容

<6月27日土曜日>

柴田町「柚子のあぜ道雨乞の蛙」(古民家農山漁村民宿)(柴田町大字入間田下台26)

  午後1時45分~中山間地域等現地視察 

  午後4時45分~古民家システム勉強会

<6月28日日曜日>

登米市「伊豆沼農産」(宮城県登米市迫町新田前沼149-7)

 午後12時45分~農村セミナー 

 午後2時5分~伊豆沼・内沼周辺フィールド現地視察

女川町「アスヘノキボウ(女川フューチャーセンターcamass)」(女川町女川2丁目4)

  午後5時30分~リーダーシップ研修体験

<6月29日月曜日>

女川町「アスヘノキボウ(女川フューチャーセンターcamass)」

 午前9時~ 社会課題解決セミナー体験,意見交換

 正午 終了

※ 土日の行事となりますので,当日の集合場所など事前に共有する必要があります。取材を希望する際は

6月26日金曜日まで,農山漁村なりわい課までご連絡願います。

 

 

 

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。