ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴農政部県産肉用牛におけるDNA不一致に係る相談窓口の開設
農政部関係記者発表資料

県産肉用牛におけるDNA不一致に係る相談窓口の開設

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月30日更新
記者発表資料

令和元年8月30日

(窓口)
宮城県農政部畜産課
担当:石黒・加藤(022-211-2853)

記者発表資料

県産肉用牛におけるDNA不一致に係る相談窓口の開設

 

1 概要
    肉用牛におけるDNA検査の父子不一致案件を受け,肉用牛生産者,家畜人工授精師等及び一般の県民(消費者等)から寄せられる各種相談に対応し,適切な情報を提供することで,県内の家畜人工授精業務を適正化するとともに,県産牛肉の消費についての不安払拭を図るため,相談窓口を9月2日から開設することとしましたのでお知らせします。

2 相談窓口の設置

(1)設置場所
    下記の県内7か所に設置
    ・県庁畜産課
    ・各家畜保健衛生所(大河原,仙台,北部,東部)
    ・北部地方振興事務所栗原地域事務所畜産振興部
    ・東部地方振興事務所畜産振興部

(2)設置期間
    令和元年9月2日から令和2年3月31日まで
        午前8時30分から午後5時15分まで
        (土日,祝日及び12月29日から1月3日を除く。)