ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
農政部関係記者発表資料

みやぎの農業者・漁業者のリーダーを認定します

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月8日更新
担当課
記者発表資料

令和3年6月8日

農業振興課農業人材育成班

水産業振興課企画推進班

担当:千田(農),前川(漁)

電話:022-211-2836,2935

nosinz@pref.miyagi.lg.jp

※本発表の内容についてはボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 

みやぎの農業者・漁業者のリーダーを認定します

 

   県では優れた経営を行い,若い担い手の育成にあたる農業者・漁業者を「農業士」「漁業士」として認定しております。
  報道機関の皆様におかれましては,是非取材していただきますようお願いします。
                                      記
1 行 事 名
   令和3年度宮城県農業士・漁業士退任者感謝状贈呈式及び認定証交付式

2 開催日時
  令和3年6月9日 午後2時30分から午後3時まで

3 開催場所
   県庁11階 第二会議室 (仙台市青葉区本町3丁目8-1)

4 主   催
   宮城県(農政部農業振興課,水産林政部水産業振興課)

5 内   容
(1)退任する農業士・漁業士に対し感謝状贈呈
(2)新規認定された農業士・漁業士に対し認定証交付
(3)主催者挨拶
(4)退任者・新規認定者 代表挨拶

6 出 席 者
   宮城県副知事 遠藤信哉
   宮城県農業士・漁業士,県関係者 約20人

7 参 考
(1)宮城県農業士・漁業士とは
   県内において優れた農業経営・漁業経営を実践し,地域産業の振興や後継者育成に指導的な役割を担っている方を「農業士」「漁業士」として知事が認定しており,それぞれ年齢により「指導」「青年」の区分があります。制度発足は,農業士は昭和52年度,漁業士は昭和61年度と歴史のある制度です。
(2)農業士・漁業士の人数

 

 
 指導農業士 青年農業士指導漁業士 青年漁業士
今回の退任者数5人9人3人3人
令和3年度新規認定者数13人7人 6人4人
令和3年度認定後の人数 108人68人75人55人
これまでの延べ認定数392人547人 158人207人

 

記者発表資料 [PDFファイル/52KB]

 


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)