ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴農政部「水稲育苗ハウスの有効利用技術(暑熱軽減対策)」の研修会を開催します
農政部関係記者発表資料

「水稲育苗ハウスの有効利用技術(暑熱軽減対策)」の研修会を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月30日更新
記者発表資料

令和元年8月30日
宮城県農業・園芸総合研究所
担 当:企画調整部 遠藤,北川
連絡先:022-383-8118

担当

 

「水稲育苗ハウスの有効利用技術(暑熱軽減対策)」に関する研修会を開催します

 宮城県では,東日本大震災からの農業の復興に向け,平成23年度から農林水産省「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」(先端プロ)による先端技術の実証研究に取り組んできました。
 
 このたび,先端プロ実証研究で得られた成果のうち,「水稲育苗ハウスの有効利用技術」(暑熱軽減対策)の社会実装を促進し,本県農業の発展に資するため,下記のとおり研修会を開催します。
 
 是非取材くださるようお願いします。


1 日 時 令和元年9月6日(金曜日)午後1時30分から午後4時まで

2 開催場所 
 第1部 (座学研修): 東松島市コミュニティセンター(東松島市矢本字大溜1-1)
 第2部 (現地研修): 株式会社パスカファーム立沼(東松島市矢本)

3 主 催
 宮城県農業・園芸総合研究所
 (食料生産地域再生のための先端技術展開事業三県連携農業コンソーシアム宮城県拠点)

4 スケジュール及び内容
 第1部  座学研修(13時30分~15時00分) 
   (1)情報提供
       食料生産地域再生のための先端技術展開事業(社会実装促進業務委託事業)の概要について
                       農業・園芸総合研究所企画調整部 技師 北川誉紘
    (2)講義
        暑熱環境と健康対策      東部保健福祉事務所 技術次長(地域医療担当) 野上慶彦
        農作業における安全対策        農政部みやぎ米推進課環境保全班 技師 志賀紗智
 
 第2部 現地研修(15時15分~15時45分)
    「空調服等による暑熱軽減効果の体験」

注)取材を希望される場合は,令和元年9月5日(木曜日)までに上記担当宛て御連絡願います。


 プレスリリース資料 [PDFファイル/86KB]

参考:暑熱軽減対策技術 [PDFファイル/325KB]

 


担当への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)