ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業技術支援 農政部令和元年産水稲の田植状況について(5月7日現在)
農政部関係記者発表資料

令和元年産水稲の田植状況について(5月7日現在)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月8日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

令和元年5月8日
みやぎ米推進課生産販売班
担当:千葉 寺島
022-211-2841

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 田植進捗状況(概況及び今後の管理)

○5月7日現在の県全体の田植進捗率は23.6%で,田植始期は平年より1日遅い5月4日であった。

○育苗期間は,4月上旬の気温が低く出芽や初期生育は遅れ気味であったが,4月後半以降の気温は平年並からやや高めに推移し,苗の生育は回復している。5月3日から5日にかけては比較的好天に恵まれ,県内の田植は概ね順調に進んでいる。

○水管理について,田植直後は葉先が2~3cm出る程度の深水とし,その後は低温や晩霜の心配がある場合には水深5~6cm,それ以外の場合は水深2~3cmの浅水で水温・地温の上昇を図るよう指導している。

※詳細は別添 [PDFファイル/221KB]のとおりです。


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)